Honda好きが堪能できる、Hondaスピリッツ溢れる情報誌
  1. TOP
  2. MOTORSPORTS
  3. 2016 SUPER GT Rd.7(タイ)予選

2016 SUPER GT Rd.7(タイ)予選


夏の終わりに開催されたRd.6(鈴鹿1000km)から約1ヶ月のインターバルを経て、2016 SUPER GTシリーズ第7戦「BURIRAM SUPER GT RACE」が開幕! 舞台はシリーズ唯一の海外ラウンドとなり、タイ・ブリーラム県にあるチャーン・インターナショナル・サーキットである。

今回の注目は、やはり#15ドラゴ・モデューロ・ホンダレーシング。前戦の鈴鹿1000kmではコースレコードでポールポジションを獲得するなど好調ぶりを示していたが、昨年からチームに加入していたオリバー・ターベイ選手が、今回のタイ・ラウンドと日程が重なっていたFormula E 2016-2017シーズン開幕戦に参戦するため、チームを離脱。代わりに鈴鹿1000kmでGT300マシンを駆り、SUPER GTにデビューしていた牧野任祐(まきの ただすけ)選手が加入。若干19歳という期待の若手ドライバーである。

d72_0609 d5j_5923

予選が行われた10月8日(土)は午前中のフリー走行こそ曇り空ながら、午後からは雨雲が近づく予報。実際に予選Q1前に小雨が降ったものの、路面状況に大きな影響はなく、ドライコンディションで予選はスタートした。

ホンダ勢では3台のNSX CONCEPT-GTがQ1を突破。#15ドラゴ・モデューロ・ホンダレーシングは武藤英紀選手がQ1を担当し、2番手のタイムをマーク。初めてのタイ、初めてのGT500、そして初めての左ハンドル車(!!)という初めてづくしの予選に挑んだ牧野任祐選手だが、1分24秒340という2番手のタイムを記録。2戦連続でのフロントローを獲得した。

hs84_gt-thai_006 d72_0900

そのほかホンダ勢では#8 ARTA NSX CONCEPT-GTが4番手グリッド、#64 Epson NSX CONCEPT-GTが8番手グリッドを獲得。明日の決勝に挑む。

2016 SUPER GT 第7戦(タイ) 予選結果
1位 19 WedsSport ADVAN RC F 関口雄飛/国本雄資
2位 15 ドラゴ モデューロ NSX CONCEPT-GT 武藤英紀/牧野任祐
3位 12 カルソニック IMPUL GT-R 安田裕信/J.P.デ・オリベイラ
4位 8 ARTA NSX CONCEPT-GT 松浦孝亮/野尻智紀
5位 46 S Road CRAFTSPORTS GT-R 本山哲/千代勝正
6位 6 WAKO’S 4CR RC F 大嶋和也/A.カルダレッリ
8位 64 Epson NSX CONCEPT-GT 中嶋大祐/ベルトラン・バゲット
9位 17 KEIHIN NSX CONCEPT-GT 塚越広大/小暮卓史
12位 100 RAYBRIG NSX CONCEPT-GT 山本尚貴/伊沢拓也