Honda好きが堪能できる、Hondaスピリッツ溢れる情報誌
  1. TOP
  2. OTHERS
  3. ホンダの次世代車両は「感情」を装備!?

ホンダの次世代車両は「感情」を装備!?


2017年1月5日〜8日まで、アメリカ・ラスベガスで開催される『コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)』。もともとは家電などを中心とした電気製品や最新テクノロジーが発表されるショーだったが、近年ではEVを中心として自動車分野の新製品や新技術も発表されるなど、注目のイベントとなっている。

そのCESが間もなく開幕するが、ホンダは同イベントにおいてEVコミューターのコンセプトカー「NeuV(ニューヴィー)」を発表予定。世界初公開となるNeuVは、cocoro SBが開発した「感情エンジン」と呼ばれるAI技術を搭載。機械自らの感情を擬似的に生成する機能を有し、自動運転機能を備えたEVコミューターのコンセプトカーとのこと。

そのほかホンダブースでは「Cooperative Mobility Ecosystem(考える・つながる・楽しいモビリティのある世界)」をテーマとして、他社とのオープンイノベーションにより実現したさまざまな技術を展示し、AI、ビッグデータ、ロボティクスを活用したモビリティによって、人々の生活を豊かにするモノ・コトづくりの提案を行う。

また同じく世界初公開となる、ホンダ独自のロボティクス技術を活用したユニークな二輪のコンセプトモデルも発表されるほか、ブース内にはパーソナルモビリティ「UNI-CUB β」の体験試乗コーナーや、コネクティッドカー技術(ネット接続型や車車間通信自動車技術)でスムーズな交通の流れを実現する提案、カリフォルニア州シリコンバレーにおける情報技術の研究開発拠点であるHonda Silicon Valley Labで取り組んでいるオープンイノベーションの一環としての車載エンターテイメントの新技術などが展示される。

(text:Kentaro SABASHI 佐橋健太郎)