Honda好きが堪能できる、Hondaスピリッツ溢れる情報誌
  1. TOP
  2. MOTORSPORTS
  3. 【NOC8】レースカー製作をお手伝い②

【NOC8】レースカー製作をお手伝い②


2017年シーズンのN-ONEオーナーズカップも開幕間近! 3月12日に開催される第2戦(ツインリンクもてぎ)から参戦予定の水村リアちゃんですが、マシン名は『ケンウッドモデューロN-ONE』に正式決定。マシンのセットアップもペースを上げていかなければ。というわけで前回の記事に引き続き、スピードショップ・タイプワンさんでの作業風景をお届けします!

サーキットを走行するにあたり、キチンと整備しなければいけないのはブレーキまわり。「走れない」のは自分の戦績が上がらないだけだけど、「止まらない」は自分だけでなく他のエントラントにも危険ですから。

というわけでN-ONE Modulo Xのブレーキまわりは、フロントのブレーキパッド、リアのブレーキシュー、ブレーキホース、ブレーキフルードをプロジェクトミュー製品へと交換。制動力とタッチはもちろん耐久性にも優れるとのことで、シェイクダウンが楽しみです。

フロントに装着した『TYPE HC-CS』は、踏力に応じたリニアなコントロール性を発揮し、全領域で抜群の安定感を持続する

リアは『SPORTS REAR SHOE』を装着。優れた制動力とコントロール性を実現し、 ストリート走行からサーキットレースまで対応

ブレーキラインは『TEFLON BRAKE LINE』に交換。独自の3層構造により、究極のブレーキタッチを実現

フルードは『G-four 335』へ交換。高い沸点化と耐久性、メンテナンス性を両立させたブレーキフルードだ

フロントのブレーキパッドは組み込む前にカドを整えるなどの加工を施し、最後にエア抜きをして作業終了

そしてホイールを装着。おや、このデザインは? S660用ホイール『MR-R01』を組み合わせた

それにしても、数多くのホンダ車の整備やオリジナルパーツ開発を手がけ、またスーパー耐久シリーズをはじめとするモータースポーツ参戦実績も豊富なSPOONのアンテナショップだけあり、タイプワンで働くメカニックの皆さんは手際が早い! 作業が丁寧なのに素早いというのはまさにプロフェッショナル。さらに作業場の床面がすごくキレイなことも印象的でした。

エンジンルームを覗き込み、スペシャルチューンの作戦会議!? でもエンジンはノーマルが規則なんですよね〜残念!

スピードショップ・タイプワンさんへシーズン中に良い報告ができるように、しっかりドライビングも練習しないと!と決意を新たにした水村リアちゃん。次回はいよいよサーキットデビュー編をお届けします!

***************************
スピードショップ・タイプワンの詳細はこちら
プロジェクト・ミューの公式サイトはこちら
ケンウッドの公式サイトはこちら
アルパインスターズ・レーシングウェアの詳細はこちら
N-ONE Modulo Xの詳細はこちら
N-ONEオーナーズカップ公式ホームページはこちら