Honda好きが堪能できる、Hondaスピリッツ溢れる情報誌
  1. TOP
  2. MOTORSPORTS
  3. 【NOC16】まさかの『代打、俺』で初参戦!!(決勝)

【NOC16】まさかの『代打、俺』で初参戦!!(決勝)


午前中に行われた予選で、なんとかギリギリ最後方で決勝レース出走の権利を獲得。N-ONEオーナーズカップ(NOC)第4戦はフルグリッド48台。僕がスタートする最後尾グリッドは、もはやストレートというより最終コーナー立ち上がりといったほうが正しいくらい。

コースインしてグリッドにマシンを並べると、左には鈴鹿サーキット名物の観覧車。ポールポジションはもちろん予選の上位半分のマシンは影も形も見当たらず、また背の高いN-ONEがずらっと並んでいるだけに、スタートシグナルもその気配すら見えません(泣)

 

そうこうしている間に、鈴鹿サーキットの新マーシャルカー、新型NSXに先導されてフォーメーションラップがスタートしました。1周ぐるっとコースを走り、もう1度自分のグリッドへマシンを並べます。スタートはF1と同じく、レッドシグナルが5つ点灯したあとに全消灯するブラックアウト方式。とはいえスタートシグナルは全く見えないから、数列前のマシンのルーフを見て判断するしかない。あの白いルーフが少しでも動いたらGOだ。

 

軽自動車のレースとはいえ、全48台が同時にスタートする様はさすがに圧巻。決勝スタート直後の1コーナーは大混雑で、まるでセナ・プロのF1時代を思い出すほど!? 我らが#89は「純正のポテンシャルを限界まで引き出す」を掲げているため、現時点ではModulo Xの純正マフラー&純正サスの組み合わせ。正直なところ車高調サスを装着している他のマシンと比べて車体のロールは大きく、恐らく心理的なブレーキも働いてしまい、クルマの持っている性能を100%引き出せているとはとても言えません。

決勝では4〜5台ほどの後方集団でバトル(風)を楽しみ、コーナーへ飛び込むライン取りやブレーキング勝負ではチャンスがありそう。でも止まれなかったらどうしよう……などと悩んでいるうちに、残り周回数はどんどん減っていく。これがイコールコンディションのワンメイクレースならでは難しさか。結局、他マシンのコースアウトなどもあり45位でフィニッシュ。密かに狙っていたベストラップ更新も予選時から約1秒落ちで、う〜ん残念!

初めてのレース、初めて(ほぼ)の鈴鹿フルコース。残念ながら前車を抜くことはできなかったけれど、心の底から楽しかった。クルマを思い切り走らせる気持ち良さをもっと大勢の人に味わってもらいたい! 自走で行って自走で帰る。こんな楽しいレースは他にないかも。

今回の参戦で大変お世話になった、ホンダカーズ三重チームの皆様と。本当にありがとうございました。次戦からは再び水村リア選手のドライブとなりますが、いつか近いところでレースができるようになるまで、僕もひっそり頑張るぞ!笑 

(text:Kentaro SABASHI 佐橋健太郎)

***************************
Special thanks to…
ケンウッド www.kenwood.com/jp
TAKATA www.takata.com
BRIDE bride-jp.com
SKF www.skf.com
ルミレッズ www.lumileds.com/japan
スピードショップ・タイプワン www.typeone.jp
プロジェクト・ミュー www.project-mu.co.jp
アルパインスターズ・レーシングウェア www.spk-cuspa.jp/alpinestars/
アールズデザイン r-sdesignms.com
ラップワン www.lapone.co.jp
キャロッセ www.cusco.co.jp
オートテラス鈴鹿インター www.hondacars-mie.com/shop/auto_suzuka

N-ONE Modulo Xの詳細はこちら
N-ONEオーナーズカップ公式ホームページはこちら