Honda好きが堪能できる、Hondaスピリッツ溢れる情報誌
  1. TOP
  2. NEW CAR
  3. 新型CR-Vはターボとハイブリッドの2本立て

新型CR-Vはターボとハイブリッドの2本立て


都市型SUV(アーバンSUV)の先駆け的な存在として、1995年に登場したCR-V。初代モデルは日本でも大ヒットとなりましたが、モデルチェンジのたびに拡大するボディサイズや車格の向上(と車両価格の上昇)もあってか、だんだんと国内での販売台数は減少。残念ながら2016年に販売を終了してしまいました。

いっぽう世界に目を向けると、CR-Vは北米だけでなく欧州やアジア諸国、南半球でも販売されている世界戦略車。2016年秋に発表された現行モデルは、1.5リッターの直噴ターボ(190hp)を搭載するグレードが設定されています。そして2017年夏には、中国市場でも新型CR-Vが発売開始。前述の1.5リッター直噴ターボに加え、アコードやオデッセイに搭載されている2モーター式ハイブリッドも用意されました。

中国で販売される新型CR-Vは、1.5リッター直噴ターボを搭載する「SPORT TURBO」と、2モーター式ハイブリッドi-MMDを搭載する「SPORT HYBRID」の2モデル。SPORT TURBOは6.2L/100km、SPORT HYBRIDは4.8L/100kmという優れた燃費性能を実現しているほか、安全運転支援システムのホンダセンシングも採用され、商品力の高さを感じさせます。

コンパクトサイズの都市型SUVといえば、日本国内ではヴェゼルが大ヒットモデルとなっており、新型CR-Vの役目はそちらに受け継がれたと言えます。しかしヴェゼルよりゆったりとした室内空間や骨太なスタイリングは魅力たっぷり。台数限定でもいいから、日本市場で販売されないかなぁ……。

(TEXT:Kentaro SABASHI 佐橋健太郎)