Honda好きが堪能できる、Hondaスピリッツ溢れる情報誌
  1. TOP
  2. NEW CAR
  3. ステップワゴン・ハイブリッドに走りグレード!?

ステップワゴン・ハイブリッドに走りグレード!?


床下に分割収納できる3列めシートや、2通りの開閉方法が可能なテールゲート「わくわくゲート」が好評の現行ステップワゴン。エンジンも新世代1.5リッター・ターボを搭載するなど、その税制面でのメリットも高く評価されているが、9月下旬に行われるマイナーチェンジでは、待望のハイブリッドモデルも追加される。

そのマイナーチェンジモデルは、すでにティザーサイトで外観を含めた詳細が公開されているが、グレードは全部で8モデル。ステップワゴンSPADAが5(ハイブリッドが3、ガソリンが2)そしてステップワゴンは全車がガソリン車で3モデルとなる。

SPADA HYBRID G・EX(FF)
SPADA HYBRID G(FF)
SPADA HYBRID B(FF)
SPADA cool spirit(FF/4WD)
SPADA(FF/4WD)
G・EX(FF/4WD)
G(FF/4WD)
B(FF/4WD)

今回のモデルチェンジでは、ステップワゴンSPADAの外観をよりダイナミックなデザインに変更するとともに、上質で力強い走行性能と優れた環境性能を両立する2モーター式ハイブリッド「SPORT HYBRID i-MMD」を搭載したこと。また安全運転支援システム「Honda SENSING」の機能も、さらに充実させているようだ。

注目はやはりハイブリッドモデルだが、興味深いのはSPADA HYBRIDにもB(FF)モデルが設定されていること。従来からBグレードは存在していたが、もっとも価格の抑えられたエントリーモデルという位置づけで、エアロパーツも備わらないシンプルな装備が特徴だった。助手席&サイドリフトアップ仕様車を別にすれば、現行ステップワゴンの特徴のひとつである「わくわくゲート」を装備しない唯一のグレードでもあった。

そのBモデルが、もっとも車両価格帯が高くなるであろうSPADA HYBRIDに用意されるということは……? リアゲート周りが軽量となるぶん、2モーター式ハイブリッド「SPORT HYBRID i-MMD」の動力性能をフルに活かしたスポーティ仕様の登場に期待ができるかもしれない。もちろん車両購入後に、豊富に揃うであろうアフターマーケットパーツを用いてカスタム&チューニングを楽しむのもいい。また、SPADA HYBRID BをベースとしたModulo Xの登場にも期待が高まる。

ホンダスポーツの楽しさが忘れられないというオトーサンには、新型ステップワゴンSPADA HYBRID Bは注目のモデルとなりそう。…と、ホンダスタイルはヨゲンしておこう!

新型ステップワゴンの先行情報はこちら→ www.honda.co.jp/STEPWGN/new/

(TEXT:Kentaro SABASHI 佐橋健太郎)