Honda好きが堪能できる、Hondaスピリッツ溢れる情報誌
  1. TOP
  2. OTHERS
  3. ホンダジェットがカテゴリーNo.1のデリバリー達成

ホンダジェットがカテゴリーNo.1のデリバリー達成


HondaJet(ホンダジェット)を生産するホンダエアクラフトカンパニー(Honda Aircraft Company、HACI)は、HondaJetが、小型ジェット機カテゴリーにおいて、2017年上半期(1月〜6月)の最多のデリバリー数を達成したことを発表した。これは、ジェネラルアビエーションの業界団体General Aviation Manufacturers Association(GAMA)による発表に基づくもの。

2017年上半期には、計24機のHondaJetがアメリカ、カナダ、メキシコおよび欧州諸国のオーナーへとデリバリーされ、現在は月平均4機のペースで生産が行われている。

HondaJetの開発責任者でありHACIの藤野道格社長は下記のようにコメントしている。

「多くのお客様から、HondaJetの性能、快適性、使い勝手の良さやビジネスジェット機としての完成度の高さなどで非常に高い評価をいただいていることをうれしく思います。HondaJetは、先進機能を搭載し、高性能で俊敏な操縦性能を実現したジェット機で、例えるなら空飛ぶスポーツカーと言えます。ホンダは小型ビジネスジェット機の分野でも新たな価値を創造して、世界中でより多くの方にHondaJetを利用いただけることを願っています」

HondaJetは、主翼上面のエンジン配置(Over-The-Wing Engine Mount (OTWEM))形態や自然層流翼型、一体成型複合材胴体などHondaの独自開発技術の採用により、クラス最高水準の最高速度、最大運用高度、上昇性能、燃費性能および室内サイズを実現した小型ビジネスジェット機である。2015年12月にアメリカで納入が開始され、現在は、北米、欧州、中南米および東南アジアで販売。主に、企業の経営層や航空運航部門およびチャーター会社などに利用されているとのこと。

(TEXT:Kentaro SABASHI 佐橋健太郎)