Honda好きが堪能できる、Hondaスピリッツ溢れる情報誌
  1. TOP
  2. MOTORSPORTS
  3. 【動画】2018年デビュー予定のアキュラARX-05初公開!

【動画】2018年デビュー予定のアキュラARX-05初公開!


すでにお知らせしているように、アキュラはアメリカの名門チームであるチーム・ペンスキーとタッグを組み、2018年シーズンからIMSAウェザーテック・スポーツカーチャンピオンシップに参戦する。参戦車両は新規に開発された新型DPiマシン『アキュラARX-05』で、カリフォルニア州北部で開催されたモンテレー・カーウィークにおいて、ついに実車が公開された。

『アキュラARX-05』のスタイリングは、プロトタイプマシンのスタンダードとも言えるフォルムに、風洞実験を重ねて開発を行った最新のエアロキットを採用。シャシーはオレカ07シャシーをベースに、3.5リッターV6ツインターボエンジン『AR35TT』を搭載する。

IMSAウェザーテック・スポーツカーチャンピオンシップのDPiクラスには、すでにキャデラックや日産、マツダが参戦しており、アキュラはこれらのライバルを相手に戦うことになる。デビュー戦は2018年1月にフロリダ州デイトナビーチで開催されるロレックス24時間耐久となる予定で、GTDクラスに参戦しているNSX GT3と2クラス制覇を狙う。

またチーム・ペンスキーは2台のアキュラARX-05を走らせるが、ドライバーには元F1ドライバーでインディ500も2度制覇した実績を持つファン・パブロ・モントーヤと、デイン・キャメロンが決定。残るドライバーは未定だが、エリオ・カストロネベスを起用するという噂も!?


↑迫力の映像をぜひお楽しみください!

アキュラARX-05はDPi規定となるため、このままル・マン24時間耐久シリーズに参戦することはレギュレーション上できないが、過去にモナコGPとインディ500を制した実績を持つファン・パブロ・モントーヤがステアリングを握るだけに、ちょっと気が早いけれどル・マンも制して世界三大レース完全制覇を期待したいところ。

2018年シーズンはIMSAウェザーテック・スポーツカーチャンピオンシップにも注目だ。

(TEXT:Kentaro SABASHI 佐橋健太郎)