Honda好きが堪能できる、Hondaスピリッツ溢れる情報誌
  1. TOP
  2. IMPRESSION
  3. 【女子旅3-2】人生初のサファリパーク体験は大爆笑!!

【女子旅3-2】人生初のサファリパーク体験は大爆笑!!


今回の女子旅のパートナーである”山口あやちゃん”と合流して、次に向かったのは福島県・二本松にあるエビスサーキット! 今や日本だけでなく世界的なモータースポーツカテゴリーとなった『ドリフト』の聖地として、海外のファンにもその名が知られるサーキットです。

私もモータースポーツ女子として、ステップワゴンModulo Xでドリフトトレーニング!? …は、もちろんできませんが(笑)、SUPER GTやスーパーフォーミュラに参戦しているドライバーの会話からも、しばしばエビスサーキットの名前を聞くことがあるだけに、ぜひ一度行ってみたかったんですよね。というわけでエビスサーキットに行ってみよう!!

さてエビスサーキット現地へ到着したのは良いけれど、なんだか入口の様子がヘン!? なんと入口が、東北サファリパークと同じだったんです。これって有名!? でもせっかくの機会だし…というワケで、急きょサファリパークに突撃することに決定!

ここ東北サファリパークでは、愛車でそのまま動物たちが暮らすサファリゾーンへ入ることが可能。しかし動物たちが近づいて、愛車に傷が付くことも十分に考えられるから、レンタカーも用意されています。

実際に突入したサファリゾーンでは、ラマや鹿、シマウマに取り囲まれて、動けなくなることも何度か! ちょっと怖かったけど、人生初のエサやり体験には大興奮!! 声が出なくなるくらいに大騒ぎしちゃいました.

残念ながら、時間の関係でエビスサーキットは記念撮影しただけで終わっちゃったけど、次は走ってみたいなぁ。N-ONEオーナーズカップを、エビスサーキットで開催してくれないかなぁ(笑) 東北サファリパーク&エビスサーキット、ぜひまた訪れたいスポットになっちゃいました。本当に楽しかった!

そして東北サファリパークを後にして、次のチェックポイントである浄土台レストハウスへ。二本松からぐんぐん山を登って、曲がりくねったワインディングロードを走ります。眼下に広がる景色も素敵ですが、ステップワゴンModulo Xの走りを楽しむのにはピッタリ!

山道でも怖いと感じる場面はなく、パワフルにスイスイ走ってくれました。東京から宇都宮を経由してここまで、交替しながら2人でずっと運転してきたのですが、とにかく疲労を感じさせないのもビックリですね。

浄土台レストハウスがあるのは標高1600mの山の上。ひんやりとした空気が寒いくらいで、もうすっかり秋の雰囲気。ひととき、ひと足早い秋を楽しみました。オンナ盛り(!!)のふたり、ちょっとマジメな話もしてみたりして…!?

だんだんと陽が沈み、いよいよ本日の宿へ向かいます!
美肌を育むという蔵王温泉にワクワクが止まりません。スベスベになるぞ〜☆

*********************************
PHOTO:Kiyoshi WADA(和田清志) TEXT:Masamichi Okutsu(奥津匡倫)、編集部
取材協力:ホンダアクセス(TEL:0120-663521) www.honda.co.jp/ACCESS/

ステップワゴンModulo X
SPECIFICATION
□全長×全幅×全高:4760×1695×1825mm□ホイールベース:2890mm□車両重量:1700kg□乗車定員:7名(ベンチシート仕様は8名)□エンジン形式:水冷直列4気筒DOHC+ターボ□総排気量:1496cc□最高出力:150ps/5500r.p.m.□最大トルク:20.7kg-m/1600-5000r.p.m.□変速機:CVT□サスペンション型式(F/R):マクファーソン式/車軸式□ブレーキ型式(F/R):ベンチレーテッドディスク/ディスク□タイヤサイズ(F&R):205/55R17□車両価格:366万5000円