Honda好きが堪能できる、Hondaスピリッツ溢れる情報誌
  1. TOP
  2. NEW CAR
  3. けもフレにCHUMS、東京オートサロン2018はホンダアクセス・ブースがアツい!!

けもフレにCHUMS、東京オートサロン2018はホンダアクセス・ブースがアツい!!


2018年1月12日〜14日に開催される「東京オートサロン2018(以下、TAS18)」に、ホンダアクセスは多様なカスタマイズの可能性を提案するモデルを出展する。

スポーツブランドの「Modulo」に代表される純正アクセサリーを開発・販売するホンダアクセス。カスタムパーツ開発で培ったノウハウをベースに、多様化するオーナーのニーズに応えるべく、チューニングだけではない幅広い方向性でカスタムモデルを製作。クルマの面白さやカーライフの楽しさを、6台のモデルで提案する。

なかでも注目は、若者、女性、子どもたちに人気のアウトドア・ブランド「CHUMS」とコラボレーションしたN-ONEだ。

①N-ONE CHUMS コラボ
アウトドア・ブランド、CHUMSとのコラボレーションモデル。女の子4人で気軽に楽しく外遊びにでかけたくなるような、車の中でも外でも使えるアイテムを揃え、CHUMSカラーにコーディネートしたN-ONE。
(ベース車両:N-ONE G 特別仕様車SS ブラウンスタイルパッケージ)

 


②けもフレ フィット
2017年にブレイクした「けものフレンズプロジェクト」とのコラボカー。フィット・クロススタイルをベースに、けものフレンズの世界観を楽しめる一台に仕上げた。
(ベース車両:FIT HYBRID・F CROSS STYLE(純正アクセサリー)装着車)

 


③N-BOX 《BARBAPAPA》COLLECTION
“バーバパパとかくれんぼ”をテーマに、ママも子どももご機嫌な気分になれるクルマ。車両の各所にバーバパパが隠れている。ドライブのふとした瞬間に、バーバパパを見つけてクスッと笑える楽しいカーライフを提案する。
(ベース車両:N-BOX G・L Honda SENSING)

 


④Re:Z
ecoは燃費だけじゃない。古いものや価値を見つめ直し、自分らしく楽しみながら永く使うこと。初代《HONDA Z》をヒントに「はじめての・ひさびさのデートカー」としてまとめた、2シーター・ハッチバック。流行やスペックから離れ、自分らしいカーライフを大好きな人と楽しんでほしいというコンセプトだ。
(ベース車両:CR-Z α・Black Label)

 


⑤ODYSSEY CROSS CRUISER
シーンを選ばず、洗練されたクルマ旅を楽しむためのクロスオーバーミニバン。上質なデザインと行動範囲を広げる走破性を併せ持ち、非日常の豊かな体験へと導いてくれる。
(ベース車両:ODYSSEY HYBRID ABSOLUTE)

 


⑥S660 ホンダアクセス モータースポーツ部 K4-GP 参戦車両
“最強の軽自動車を作ろう”をコンセプトに、車重666kg/パワーウエイトレシオ6kg/ps台を目標に設定。大胆な重量削減+エンジンのパワーアップ、さらにサーキット走行に耐えうる熱対策・シャシーチューニングを実施した。ホンダアクセス社内モータースポーツ部活動メンバーにより、2017年K4-GP・500km耐久に出場した。
(ベース車両:S660 α)

東京オートサロン2018 ホンダアクセス・ブース(イメージ)

【ホンダアクセス出展概要】
ブースNo:1016/ホール10
出展者名:株式会社ホンダアクセス www.honda.co.jp/ACCESS/

【東京オートサロン2018開催概要】
開催日:2018年1月12日〜14日
開催会場:幕張メッセ 国際展示場ホール1〜11・国際会議場・イベントホール・屋外展示場

(text:Kentaro SABASHI 佐橋健太郎)