Honda好きが堪能できる、Hondaスピリッツ溢れる情報誌
  1. TOP
  2. NEW CAR
  3. 2018年初頭は「S660 Modulo X」に大注目!

2018年初頭は「S660 Modulo X」に大注目!


毎年1月上旬に開催される、クルマ好きにとって最大のカスタム&チューニングカー・イベントといえば「東京オートサロン」だ。近年では自動車メーカーも新型車やコンセプトモデルを発表することが珍しくないが、来春2018年1月12日(金)から14日(日)まで千葉県の幕張メッセにて開催される同イベントにおいて、ホンダは以下の車種を展示すると発表した。

CR-V CUSTOM Concept

まず四輪車は、東京モーターショーで先行公開した来年発表予定の「CR-V」や、来春マイナーモデルチェンジ予定の「JADE RS」をベースにしたカスタム・コンセプトモデルを展示する。

JADE RS CUSTOM Concept

さらに注目は、しなやかで上質な乗り味を求めたコンプリートカーブランド「Modulo X」だ。最新モデルとして12月14日(木)に発表したばかりの「FREED Modulo X」が展示されるほか、コンセプトモデルではあるが新型ステップワゴンをベースにした「STEP WGN Modulo X Concept」、そして同シリーズ初のスポーツカーをベースとしたモデル「S660 Modulo X Concept」が展示される。

注目のS660 Modulo X Conceptは、公開された1枚の写真によると純正アクセサリーとしてすでに販売されているドリルドブレーキローターやアルミホイールを装着。さらに他のModulo Xシリーズと印象を同じくする専用フロントバンパーを備えることが見てとれる。これまでの例から見ても、専用インテリアや専用サスペンション、さらにはボディ補強なども施されていることは間違いないだろう。

STEP WGN Modulo X Concept

いっぽうのSTEP WGN Modulo X Conceptは、フロントマスクから新型SPADAがベースとなっている以外は、従来モデルからの変更点が不明。ハイブリッド車をベースにしたModulo Xが設定されるのかどうか、期待が高まる。

さらに12月21日(木)に発表されたN-ONE RSなどの車両が展示されるほか、2018年シーズンのモータースポーツ体制発表も行われる予定となっている。

N-ONE RS(用品装着車)

(text:Kentaro SABASHI 佐橋健太郎)