Honda好きが堪能できる、Hondaスピリッツ溢れる情報誌
  1. TOP
  2. NEW CAR
  3. 【TAS18】無限が描く『究極のタイプR』はこんなにスゴい

【TAS18】無限が描く『究極のタイプR』はこんなにスゴい


1月12日〜14日まで幕張メッセにて開催された『東京オートサロン2018』では、ホンダが2018年のモータースポーツ体制を発表するなど話題となっているが、そのホンダとともにモータースポーツ活動を行うM-TECは、同社のブランドである「無限」ブースを出展。そのメインステージで披露されたのが、新型シビック・タイプR[FK8]をベースに製作された「MUGEN RC20GT CIVIC TYPE R Concept」だ。


ベースとなっているのは新型シビック・タイプRだが、車名にコンセプトと付けられているように、公道走行は考えずに「究極のタイプR」を目指して開発されたモデル。外装では前後バンパーやボンネット、リアスポイラーなどがドライカーボン製とされ、ホイールは前後20インチを装着。ブレーキキャリパーも交換されている。

タイヤサイズは前後とも245/40ZR20。ホイールはアルミ鍛造で前後とも20×8.5J +53の設定だ。ブレーキまわりはフロントキャリパーを専用モノブロックタイプに交換されたほか、ローターは前後ともスリット入り仕様。もちろんブレーキパッドも専用品となる。

エンジン内部には基本的に手が入れられていないが、カーボン製のエアクリーナーボックスは今すぐにでも販売開始できそうな完成度。フレッシュエアを導き吸気温度を低減するだけでなく、エンジンルーム内の見栄えも大きく変えてくれるパーツだけに市販が待ち遠しい。


インテリアは外観以上にコンセプト感が強まり、メーター類などはダミー。またステアリングもフォーミュラマシン風のデザインとなる。フロントシートはフルバケットタイプで、既販品のシェルを使い、表皮を新デザインに張り替えているとのこと。リアシートもバケットタイプがビルトインされ、後席乗員は2名に。車体中央にはラゲッジスペースまで貫通するロールケージが備わる。

この「MUGEN RC20GT CIVIC TYPE R Concept」がそのまま市販されることは考えにくいが、『無限がシビック・タイプRにかける想いをカタチにした』という言葉からは、このクルマへの意気込みが伝わってくる。今後、シビック・タイプR用無限パーツの展開に注目だ。

(text:Kentaro SABASHI 佐橋健太郎)