Honda好きが堪能できる、Hondaスピリッツ溢れる情報誌
  1. TOP
  2. NEW CAR
  3. 【TAS18】SUV風オデッセイ・クロスクルーザーに興味津々

【TAS18】SUV風オデッセイ・クロスクルーザーに興味津々


カジュアルアウトドア・ブランドのCHUMSとコラボレーションした「N-ONE」や、内外装を徹底カスタムした「Re:Z」など、夢のあるクルマが並んだ東京オートサロン2018のホンダアクセス・ブースにおいて、ひときわ現実感を高く感じられたモデルが「オデッセイ・クロスクルーザー」だ。

ホンダのミニバン・ラインナップの頂点に位置するオデッセイをベースに、SUVテイストを加えアクティブな印象に仕立てられた「オデッセイ・クロスクルーザー」は、街中だけでなくアウトドア・シーンでの活躍も期待できるモデル。

ベースとなっているのはオデッセイ・ハイブリッド・アブソルートで、専用デザインのフロントバンパーや樹脂製の前後オーバーフェンダー、サイドガーニッシュを装着。さらにルーフレールも追加され、ベース車輌の洗練されたスマートな印象から、クロスオーバー・ビークルならではの活動的なスタイリングへと大きく変化を遂げている。

わずかながら高められた車高と樹脂製オーバーフェンダー、そしてBFグッドリッチ製タイヤの装着によりSUV的なイメージを強調。このあたりはフィット・クロススタイルにも似た手法だ。いっぽうでインテリアは、外観とは異なり落ち着いた印象に仕上げられている。

アクティブな印象の外観に対し、室内をシックなイメージとした理由は、ミニバン・ユーザーには「目的地までは落ち着いた雰囲気のなかで移動したい」という声が多かったからだそう。インパネには明るめのウッドパネルが装着され、シート表皮はコートやジャケットなどで使用されるツイード調のファブリックに変更。視覚的にも手触り的にも、オトナのアウトドア愛好家が好みそうな雰囲気でまとめられている。

今回の出展はあくまでもコンセプトモデルとしてであり、具体的な市販予定は(現時点では)ないとのことだったが、とはいえ実際に装着されているパーツのほとんどは、市販を意識して仕上げられているとのこと。

これまでアクティブ志向のミニバンというと三菱デリカD:5の独壇場だったが、ブースを訪れた来場者の反応をみる限り、オデッセイ・クロスクルーザーの潜在的ニーズは結構ありそう。

ただ現時点ではオデッセイ・ハイブリッドにはFFモデルしか存在しないため、むしろシンプルな装備のGエアロ・ホンダセンシング4WDをベースに「オデッセイ・クロスクルーザー」を仕立てたほうが、より多くのユーザーにアピールできそうと思えるが、いかがだろうか。

(text:Kentaro SABASHI 佐橋健太郎)