Honda好きが堪能できる、Hondaスピリッツ溢れる情報誌
  1. TOP
  2. MOTORSPORTS
  3. 【ちむレポ】スーパー耐久開幕戦で感動の優勝!!

【ちむレポ】スーパー耐久開幕戦で感動の優勝!!


こんにちは!! このHonda Style webでは初めて記事を書かせて頂きます。今シーズン、Modulo Prettyを務める生田ちむです。よろしくお願いします。

3月31日〜4月1日の週末、鈴鹿サーキットにて2018 Super耐久シリーズの開幕戦が行われました! 春らしい陽はあるけど、風が吹くと少し肌寒いかなぁという天候の予選日。私が応援する、#97 Modulo CIVIC TCRは新型FK8へとマシンを変更してのデビュー戦でした。

ゼッケンが隠れてしまっていますが、左が97号車のModulo CIVIC TCRです!

シェイクダウンを3月12日に行ったばかりのニューマシン。基本的に素性は昨年に使用していたFK2型ベースのモデルと大きく変わらないとのこと。前日の金曜日には練習走行も行っていましたが、土曜日とのコンディションに違いにも素早く対応して、デビュー戦にもかかわらずライバルチームと遜色ないタイムを刻んでいました。ドライバーさんは『FFマシンなのでアンダーステアにならないよう気を付けて走っています』とおっしゃっていました。

そして予選では、TCRクラス全7台中3番手という結果に。予選が終わってからもドライバーさん達はドライバー交代の練習をしていました。私はというと、マシンのパーツをこんなにゆっくり見られることなかなかないので、邪魔しないように写真撮ったりしていました。


なんと、予選終了後に4人のドライバーさん達とお写真撮らせて頂きました!!
明日はぜひ頑張っていただきたいです。全力で応援します!!

そして迎えた決勝レースの日、4月1日(日)! 昨日よりさらに日差しが強く、初夏を思わせるような暖かい気温になりました! スタートドライバーは植松選手です!

レーススタートしてすぐにクラストップを走るライバルチームがクラッシュ。序盤からその後ろの2番手を走行していたチームもスタートでのペナルティを受け、#97 Modulo CIVIC TCRはクラストップに順位を上げます。

その後はいったん2位に後退してしまいますが、第2スティントを担当した大津選手が走った時に、トップに返り咲きました。大津選手は『無線で何位か聞けなくて降りてからトップを走行していた事を聞かされました!』とおっしゃっていました。笑

今回の開幕戦では、新しく導入されたフルコースイエロー(FCY)が何度も導入される波乱のレースでしたが、セーフティカー(SC)よりスマートで良いルールだと思いました。FCYが導入された瞬間にサーキット全域で制限速度が設定されるため、SCのように前車との間隔が急激に短くなったりすることがないんですよね。

そして大津選手から中野選手へドライバーチェンジ。10号車との接戦はずっと続いていて、#97 Modulo CIVIC TCRが先にピットインをしました。

私はその間モニターでレースを見ていましたが、コースでもみたい!と思って最終コーナーで他のカメラマンさんがいるなか一緒に見に行ったり、プライベートで観戦しに行ったときに「いいな」と思っていた観戦スポットのS字までトンネルをくぐって見に行ってきました。

片手でレース情報アプリ(Race Now)でタイムや順位をみながらそわそわ。
やっぱりピットの近くで観るのもいいけど皆同じコース側で観戦するのも大好きでした!

近くでマシンが走るところを見てやっぱり恰好良く、わくわくします!! 排気音もマシンによって全然違うんだなーと思ったり。でもまだ音でメーカーを聴き分けられるところまでは言ってないので、この1年でよーく聞いて知って行きたいと思います。

途中、2位になってしまいますがフルコースイエローのタイミングが良く、ピット時間短縮が出来ました。そして第4スティント、いよいよ小林選手へとバトンタッチ!

5時間耐久レースも残りあと1時間、この時点でクラス2位のままでしたが、10号車が残り40分という所でピットに入り、また逆転してついにトップへ!!

このまま1位でチェッカーを受けられますように…🙏 最後は祈る気持ちで、チームメイトの七瀬莉砂ちゃんとチームの方々、監督やメカさんとピットでレースを見守っていました。

その後ST-Xクラスのトップがチェッカーを受け、5時間におよぶ決勝レースが終了!! #97 Modulo CIVIC TCRはみごとにクラス優勝を飾りました。すごく嬉しかったです!

私はレースクイーン4年目になるのですが、ずっと優勝を見届けることが出来なくて。開幕戦、新車でいきなり優勝する姿を見せていただけるなんて!!!! ドライバーさんにはありがとうございます!!と伝えにいきました!

感動しました!! とってもかっこよかった!!

表彰式の時は写真を撮りながら表彰台の真ん中に立つドライバーさんを見ただけでまた涙が止まらなくなって…(>_<) この姿をずっと見たかった…!!

ずっと見たかったんです。本当に幸せでした。
やっぱり真ん中に立つ姿を見られることって、とても気持ちいいですね!!

改めてこのチームに関わることが出来たことを嬉しく思います。残念ながらスーパー耐久の現場に行くことができるのは第3戦までで、シーズン後半はModulo Smileの安藤麻貴ちゃんとバトンタッチしますが、1年間いっぱい応援したいと思います!! 

生田ちむ
オフィシャルブログも見てね!