Honda好きが堪能できる、Hondaスピリッツ溢れる情報誌
  1. TOP
  2. MOTORSPORTS
  3. 【S-GT】イベント充実のホンダブースは見逃せない!

【S-GT】イベント充実のホンダブースは見逃せない!


国内最大のモータースポーツイベントといえば、『SUPER GT(スーパーGT)』!! 今年は4月6-7日に岡山国際サーキットで開幕戦が行われ、11月10-11日にツインリンクもてぎで開催される最終戦まで、全8戦が行われます。

そんなスーパーGTにおいて、レースとともに楽しめるのが各サーキットのイベントスペースに設置されたホンダブースです。ここではホンダの最新車両が展示されるほか、ドライバーが訪問してのトークショーや、Modulo PrettyとModulo Smile、そしてKENWOODレディによるステージイベントが行われます。

第2戦富士では、メインスタンド背後のイベントスペースにホンダブースが設置される。Honda racingのロゴが目印

各サーキットによりイベントスペースの広さに違いがあるため、若干の展示内容に変更はあるものの、基本的にブース内のレイアウトは全サーキットで共通とのこと。今シーズン、スーパーGTを観戦しに行こうと考えている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

市販モデルのNSXは#34 Modulo KENWOOD NSX GT3のカラーリングを反転して再現している

まず目を引くのは、NSX GT3と市販モデルのNSX。NSX GT3は、今年のGT300に2台が参戦しているマシンそのもの。ただしタイヤはピレリ製が装着されています。

そして市販モデルのNSXは、Moduloホイールほか純正アクセサリーを装着した車両。こちらはなんと、運転席への試乗体験もできるんです!

今季、Modulo Smileを務める安藤麻貴ちゃん。新型NSXに長い脚が似合う

最新スーパースポーツのNSXに加え、発売が期待されるS660 Modulo Xコンセプトと、最新モデルのフリードModulo Xが展示。どちらも運転席に座ったり、各種ドアを開けるなどして使い勝手の良さを体験することも可能となっています。

Modulo Prettyの「ちびはる」こと、はるまちゃん。S660が一段と大きく見える!?

同じくModulo Prettyを務める、生田ちむちゃん。視界が広くて気持ち良さそう

そのほか、Modulo開発アドバイザーを務める「ドリキン」こと土屋圭市さん、Moduloシリーズの開発統括である福田正剛さんが登壇してのModuloトークショーや、モータージャーナリストや編集者が登壇しての「GT300を盛り上げよう!」トークイベントが開催されます。

さらに注目なのは、ブース内で販売されるModuloグッズの数々。オリジナルキャラクターである「くるタム」が、全国各地の名所に合わせて七変化を見せるトートバッグのほか、ステッカーやクッション、アパレルウェアなどが販売されています。


これらのアイテムを購入された方には、Modulo Smile&Modulo Prettyによるサインのプレゼントも!

くるタムが全国各地のご当地仕様に七変化してデザインされるトートバッグ。全部コンプリートしてくれる人はいるかな!?

希望者にはModulo Smileの安藤麻貴ちゃん、Modulo Prettyのはるまちゃん、生田ちむちゃんによるサインのプレゼントも!

そんなModuloオリジナルグッズのなかでもイチオシなのが、#34 Modulo KENWOOD NSX GT3のペーパークラフト。レーシングカーを中心に、チョン・ヨンフン監督や道上 龍選手、大津弘樹選手、そしてModulo SmileやModulo Prettyがかわいらしく再現されています。

こちらのModuloペーパークラフトは、ホンダブースにて500円で発売中。予選日に行われるキッズウォークでは、お子様に限りなんと無料でプレゼントしています。今年、スーパーGTが行われるすべてのサーキットで販売&キッズウォークで配布する予定なので、ぜひゲットして楽しんでくださいね。

(text:Kentaro SABASHI 佐橋健太郎)