Honda好きが堪能できる、Hondaスピリッツ溢れる情報誌
  1. TOP
  2. MOTORSPORTS
  3. 【S-GT】スーパーGTのピットウォークを満喫しよう!!

【S-GT】スーパーGTのピットウォークを満喫しよう!!


日本国内で最大の観客動員数を誇るモータースポーツといえば、もちろんスーパーGT。なかでも毎年ゴールデンウィークに開催される第2戦(富士)は、多くの観客で賑わいます。

コース上で展開される白熱したレースはもちろんのこと、ピットウォークやグリッドウォーク、そしてイベントスペースでは各自動車メーカーが自社ブースにて新型車を展示するなど、一日を通してあらゆる場所で楽しめる点が人気の理由です。

#34 Modulo KENWOOD NSX GT3を走らせる道上 龍選手。大津弘樹選手はサーキットエクスペリエンス(同乗試乗)のドライバーを担当

#64 Epson Modulo NSX-GTをドライブするベルトラン・バゲット選手と松浦孝亮選手の前には、サインを求める長蛇の列ができた

そしてお目当てのドライバーにサインをもらったり、一緒に写真を撮ったり、レースクイーンが配布するステッカーをGETしたりと楽しめるのがピットウォーク&キッズウォークです。

今回、64号車のピットはModulo Smileの生田ちむちゃんがステッカー配布を担当。EpsonやDUNLOPのレースクイーンもステッカーを配布


今回の第2戦(富士)では、予選が行われた5月3日の11:40〜12:25の45分間と、決勝が行われた5月4日の9:50〜10:40の50分間、計2回のピットウォークが行われました。

そしてもうひとつ、家族連れでサーキットを楽しむ際には見逃せないのが、予選日のスケジュールの最後に開催されたキッズウォークです。

5月3日の17:35〜18:05に「GTキッズウォーク1」、そして18:05〜18:35に「GTキッズウォーク2」と2回に分けて開催されるこの時間帯は、名前の通りキッズが主役。お子さんにとって憧れの存在であるレーシングドライバーに、サインをお願いしたり一緒に写真を撮ってとお願いしたり。

ドライバーにとっても「癒される」時間帯であるキッズウォークは、密かに(?)楽しみにしているドライバーも多いみたい。ぜひ積極的に声をかけてみましょう!

このキッズウォークの時間帯でしか手に入らないグッズを用意しているチームも多く、#34Modulo KENWOOD NSX GT3を走らせるModulo Drago CORSEでは、ModuloやKENWOODのステッカーに加え、Modulo特製のスケッチブックをプレゼント。

このスケッチブックは、なかを開けるとModulo Xほかホンダ車の「ぬりえ」が楽しめるという人気アイテム。将来のカーデザイナーを目指すきっかけになるかもしれませんね!

大勢のファンを前に笑顔を見せる、ベルトラン・バゲット選手と松浦孝亮選手。ドライバーのリラックスした表情を見られるのもPWならでは

レース以外にもたくさんの楽しみかたがあるスーパーGT。ぜひスーパーGTの公式ホームページや、各レースが開催されるサーキットのホームページにてタイムスケジュールを確認して、周辺イベントも思いっきり楽しんでしまいましょう!!

(text:Kentaro SABASHI 佐橋健太郎)