Honda好きが堪能できる、Hondaスピリッツ溢れる情報誌
  1. TOP
  2. NEW CAR
  3. S660 Neo Classicはスタイリングキットで発売開始!

S660 Neo Classicはスタイリングキットで発売開始!


ホンダアクセスから、2シーター・オープンスポーツのS660をベースに外装や灯体などを組み替え、クラシカルなスタイリングにカスタマイズできる「S660 Neo Classic KIT」が9月21日より発売される。

「S660 Neo Classic」は、2016年1月に開催された東京オートサロン2016に、ホンダアクセスが『N Lab.(エヌラボ)』として出展した「S660 Neo Classic Concept」がベース。来場者からも大好評だったことで、ホンダアクセス車内では商品化に向け検討&開発を続け、ついに中古車装着を想定したパーツキットとして商品化された。

製品名に「KIT」とあるように、ホンダアクセスからはパーツキットとして販売される。製品は未塗装のFRP製外装部品と灯体等で構成されており、装着する車両に合わせた塗装を行った上で、外装部品や灯体などを組み替えて架装することでカスタマイズカーとして完成する。

しかしながら、このキットは全国どこでも購入できるわけではなく、ホンダユーテックのオートテラス3店舗のみで販売される。「オートテラス城北」「オートテラス鈴鹿東」「オートテラス筑紫野」の3店舗がS660の中古車をベースにカスタマイズを行い、『Honda認定中古車「S660 Neo Classic」』として販売される。もちろん認定中古車であるから、充実した保証などが継続される点は大きな魅力だ。

また、すでにS660を所有しているオーナーが愛車のS660を前述のオートテラス3店舗に持ち込み、「S660 Neo Classic」にカスタマイズすることも可能。なおベース車両はグレードや純正装着オプションの有無は問わないが、S660 Modulo Xをベースとすることはできない。

「S660 Neo Classic KIT」の価格は129万6000円(税込)。金額的には決して少なくはないが、こうして実際に装着車両を目にすると、ボディラインや製品精度、前後フード裏側の作り込みなど、純正アクセサリーメーカーならではの製品精度の高さには驚かされる。

またホイールやインテリアパーツはキットには含まれていないが、すでに市場に豊富に出回っている製品を組み合わせ、オーナーの好みに仕立て上げる楽しみもありそうだ。

次号ホンダスタイル(9月20日発売)では、この「S660 Neo Classic KIT」の開発陣に製品化の過程における様々なエピソードをインタビュー取材。N Lab.(エヌラボ)そしてホンダアクセス開発メンバーの熱い(アツすぎる!?)想いをたっぷりお届けするので、お楽しみに!

そして最後に、誰もが気になる点についても記しておこう。ご覧のように「S660 Neo Classic KIT」装着車両には、自動車メーカー製車両なら必ず装着されている「アレ」が備えられていない。東京オートサロンに出展された「S660 Neo Classic Concept」の外観デザインにおいてもポイントとなっていた「アレ」だが、もちろん今回のキットには同梱されて販売されるのでご安心を。

部屋に飾るもよし、車体に装着するもよし。どう使うかは、「S660 Neo Classic KIT」を装着したオーナーだけのお楽しみというわけだ。

S660 Neo Classic KIT商品情報サイト
https://www.honda.co.jp/ACCESS/S660NeoClassic/

(photo&text:Kentaro SABASHI 佐橋健太郎)