Honda好きが堪能できる、Hondaスピリッツ溢れる情報誌
  1. TOP
  2. MOTORSPORTS
  3. 【まき日記】サーキットを楽しみ尽くす方法、教えちゃいます!

【まき日記】サーキットを楽しみ尽くす方法、教えちゃいます!


ホンダスタイルwebをご覧の皆さん、こんにちは!
2018 Moduloスマイルの安藤麻貴です。

菅生の牛タン!

前回のレースレポートに引き続き、今回はSUPER GT第7戦(SUGO)での、私たちの活動をレポートします! サーキットで私たちと会える場所のヒントもたっぷりなので、次回観戦するの際の参考にしてくださいね。

毎戦土日とも、イベント広場のメインステージでは、スポンサーPRステージ、キッズステージ、スクエアタイムステージに参加させていただきます。

スポンサーPRステージとスクエアタイムステージは、各チーム制限時間が1分で、時間になるとマイクがオフされてしまいます。みんなそれぞれスポンサー様のPR文を言い切るのに一生懸命なところ、そして言い切った後の満足顔に注目です。

キッズステージでは、各チームのレースクイーンがプレゼントを持ち寄って抽選会が行われます。私たちModuloレースクイーンは、毎回他のチームの女の子達にもびっくりされるほど、豪華で盛りだくさんのプレゼントを用意しています。

ホンダブースは、Honda Racingのロゴが目印です

そしてイベントスペースのホンダブースでは、Moduloスマイルonステージと物販サイン会&撮影会が行われます。

Moduloスマイルonステージでは、MCの水村リアちゃん、Moduloスマイル、Moduloプリティ、KENWOODレディという、34号車Modulo KENWOODを彩る5人のレースクイーンによる、まったりとした(笑)トークショーが行われます。

ステージの最後には、プレゼントじゃんけん大会も開催していますよ!

そして、物販サイン会では、HONDAブースのModuloグッズをお買い上げ頂いたお客様に、私たちレースクイーンがサインを書かせて頂きます!(時間によっては人数制限させて頂く可能性もあるので、お早めにどうぞ) 女の子たちのサインをGETするなら、ここが確実です!

物販サイン会のあとは、HONDAブースに展示しているマシンの前で撮影タイム。できるだけ多くの方に目線が行き届くように工夫しているので、ぜひ撮影しに来てくださいね!

ここで、今回新たに登場したModuloグッズをご紹介します。まずは、お洒落な手帳と34号車Modulo KENWOOD NSX GT3のキーホルダー(900円)です。

いよいよ登場したModuloキャップとTシャツを紹介します! はるまちゃんが持っているModuloキャップ(4500円)は、3D刺繍が施された贅沢なデザイン。後ろにも、「34」と3D刺繍されているんです!

生田ちむちゃんが持っているTシャツ(4400円)は、メカニックさんたちのデザインをもとにしているよ!

次のオートポリスは、いったい『何タム』になるんだろう?(笑)

毎回サーキットごとに登場する『ご当地くるタム』のトートバッグは、2000円以上お買い上げ頂いた方にプレゼントしています。

レースのたびに人気が上昇していて、今回のスポーツランドSUGOは”だてタム”トートバッグ。過去最速の早い時間に無くなってしまいました!

そして今回から、ホンダブース内にModulo Official shopが登場! ホンダの軽自動車・Nシリーズ期待の新人”N-VAN”をベースにした物販カーなんです。

軽自動車とは思えないほど広々とした車内には、物販がしやすい工夫が施されていて、ブースの中でも一際注目を集めていました。

クルマを正面から見るとこんな感じ。

私も先日ある企画で乗ってみたのですが、マットをひけば足を伸ばしてゴロンと寝れちゃうくらいに広くてびっくり! 軽自動車の夢が広がるクルマでした。

そしてコース側では、ピットウォークやキッズウォーク、グリッドウォークが行われました。今回から登場したステッカーはもうゲットしましたか?

ドライバーさんと私たちの似顔絵、そしてマシンのイラストが描かれています。
どう?似てるかな?

日曜には、普段エンジョイHONDAで配られているくるタムステッカーも登場しました! くるタムのいろんな表情が可愛い。

そして毎回大好評の、くるタムスケッチブック! サーキット内でドライバーさんのサインをもらうのに大活躍。塗り絵がついているので、お家に帰ってからも楽しめる超便利アイテムです。

予選日ピットウォークでドライバーサイン会が終わった後、ステッカーを配り終えたら時間の許す限りレースクイーン撮影タイムに突入します! みんなが配布物をもらってくれたら撮影タイムも長く取れるので、照れずにもらってね!

キッズウォークは、お子様連れのファミリー向けなので、入れる人が限定されるのですが…。実はSUGOは、ピットの上からキッズウォークの様子を見れるってご存知でしたか? 私たちがお子様と戯れている姿を眺めて、ほっこり(?)することができるんです! 私的SUGOのお気に入りポイント。

こんな写真が撮れちゃいます!

グリッドウォークでは、今回は私が34号車Modulo KENWOOD NSX GT3のグリッドボード担当をさせて頂きました。レースらしい写真を撮るなら、やっぱりグリッドウォークが一番ですよね。

私がグリッドボード担当だった第2戦と今回の第6戦で、34号車はポイントをゲット!(←自称上位の女神)

グリッドウォークは決勝スタート直前の緊張感を味わえる、特別な時間です。
(次戦、第7戦オートポリスのグリッド担当は、はるまちゃんだよ!)

今回、チームにスペシャルゲストがいらっしゃっていました。なんと北極冒険家の萩田泰永さん! 北極や南極を単独徒歩で、時にはシロクマを退治しながら(!!)横断するそうです。そのほか貴重なお話も聞くことが出来ました。ありがとうございました!

おまけ。

いつもレース後のピットでは、メカニックさんたちが慌ただしく後片付けをしていて、ピットロードに貼った目印のテープなども綺麗に剥がし、元の状態に戻しています。私たちが帰りのご挨拶にピットに行ったときも、ちょうど作業中だったので…

たっぷりの愛情エールを、送っておきましたっ!

“この写真欲しいからツイッターにアップしておいてねー”なんて言ってくれる優しいメカニックさんたち。お忙しいなか、お邪魔しました!! レースの結果も良く、みんな和気あいあいとてもいい雰囲気でした。

前回の日記でも紹介していますが、現在、YouTubeのSUPER GT公式チャンネルで、34号車Modulo KENWOOD NSX GT3のオンボード映像が公開されています。レース終盤、ゾーンに入ってぐんぐんオーバーテイクする大津選手の走りも見ることができるので、ぜひご覧ください!

10月20-21日のSUPER GT第7戦(オートポリス)が、はやくも楽しみ。
はやく来月にならないかなぁ。

次戦も、34号車Modulo KENWOOD NSX GT3の応援をよろしくお願いします!

2018 Moduloスマイル 安藤麻貴
オフィシャルブログも見てね!