Honda好きが堪能できる、Hondaスピリッツ溢れる情報誌
  1. TOP
  2. NEW CAR
  3. 【動画】2019年モデルのアキュラILXは新形状グリルを採用

【動画】2019年モデルのアキュラILXは新形状グリルを採用


ホンダが北米を中心に展開するラグジュアリー・ブランドのACURA(アキュラ)。NSXをフラッグシップに、RLXやTLXといったセダン系、そしてMDXやRDXのSUV系をラインナップする。そのセダン系のエントリーレンジを担うコンパクトセダン「ILX」がマイナーチェンジを受け、2019年モデルへと進化。10月より発売が開始される。

ILXはホンダ・シビックと基本骨格を共有するコンパクトセダン。エンジンは2.4リッター4気筒直噴DOHCの1種類で、トランスミッションは8速DCTが組み合わされる。

2019年モデルのILXは主に外観に変更を受け、Aピラーより前方を刷新。アキュラ・ブランドに共通する『ダイヤモンド・ペンタゴン・グリル』が採用された。これでNSXを除くすべてのモデルで、同じコンセプトに基づいたデザインのグリルを備えることとなった。

さらに前後バンパー形状が変更されたほか、「ジュエルアイ」と呼ばれるアキュラ独自のヘッドライトが7連マルチLEDタイプとなり、テールライトもLEDへと変更されている。

インテリアではダッシュパネルのデザインなどに大きな変更はないが、フロント&リアともスポーツシートを採用。シートカラーはブラックのほか、スポーティグレードのA-SPECではレッド&ブラックの2トーンタイプも用意される。


そのほかシルバー仕上げのアクセントやプッシュ式のスタートボタンを採用。ダッシュ中央のインフォテインメントシステムは、新たにApple CarPlayとAndroid Autoに対応している。

もちろん安全装備も充実しており、前方衝突警告やレーンキープアシスト、衝突軽減ブレーキシステム、アダプティブクルーズコントロールなどを含んだ「アキュラ・ウォッチ(ホンダセンシングのACURA版)」をフル装備する。

ボディカラーは全5色で、プラチナムホワイトパール/マジェスティックブラックパール/パフォーマンスレッドパール/キャニオンブロンズメタリック/そしてアペックスブルーパール(A-Spec専用色)となる。車両価格は2万5900ドル〜2万9550ドルで、ILX A-Specが2万9650ドル〜3万1550ドルとなっている。

残念ながら日本市場投入の可能性は高くないが、201hp@6800rpmを発揮する2.4リッター直噴DOHC i-VTECと8速DCTの組み合わせは、FC1型シビック・セダンとは異なったスポーティセダンらしい走りが楽しめそう。ぜひどこかの機会で乗ってみたい1台だ。

(text:Kentaro SABASHI 佐橋健太郎)