Honda好きが堪能できる、Hondaスピリッツ溢れる情報誌
  1. TOP
  2. IMPRESSION
  3. フリード Modulo Xはガソリン車ならではの軽快さが魅力

フリード Modulo Xはガソリン車ならではの軽快さが魅力


モデューロXというエンブレムが掲げられたクルマは、どれも走りのテイストが一定している。実効空力が与えられたというエアロパーツは、派手さはないがまさに実のある空力を実現しており、4輪の接地感を与えてくれる。

以前、S660のノーマルとモデューロXのエアロ装着車を同じ脚まわりで比べたことがあるが、ステアリングから伝わるインフォメーションは格段に向上。タウンスピードから高速域まで一貫してフロントタイヤのグリップを感じさせてくれる仕上がりには驚くばかりだったことを思い出す。決して見た目だけで終わらない空力デバイスであることはたしかだ。

さらには、フラットライドを実現する脚まわりの仕立てかたも味わい深い。ピッチングを無駄に起こさず、短いストロークで路面からの入力をいなし、乗員を揺さぶらない造り込みが素晴らしい。

決してガチガチに仕上げているわけでもなく、ユルすぎて動き過ぎているわけでもない。ちょうどいい塩梅に落とし込み、どんな路面でも、どのシートに座っても快適に過ごす環境がたまらないのだ。

それが今回のフリードModulo Xでも変わらずに展開されている。ミニバンタイプのクルマとなれば、全高がそれなりで、揺さぶられることは覚悟しなければならない環境下であるはずなのだが、車体は見事にフラットにキープされ、ドライバーの意思次第で前後の荷重を自在にコントロール可能。その気になればホットハッチのようなコーナーリングも朝飯前である。

ドライビングすること自体を楽しめ、その一方で乗り心地も満足。背の高さが一切気にならない。また、無駄な揺らぎがないため、クルマ酔いも少なくなるのでは? と推測できる。

ホンダスタイルのレポート車両はハイブリッドではなく、1.5リッターのガソリン車であるため、車両重量が6名乗員仕様で60kg、7名乗員仕様では70kgも軽減されている。

もちろんパワートレインの力強さではハイブリッドに軍配があがるが、走りの軽快さや爽快なエンジンフィールは積極的にガソリンエンジン車を選ぶ十分すぎる理由になる。今回は首都高速を中心に試乗をしたが、リアの追従性はハイブリッド仕様よりも上ではないかと思えるほどに軽快だった。それでいて車両価格は約30万円ほど抑えられているのだから。

このように、ミニバンタイプのフリードであっても相変わらずの乗り味を提供してくれたモデューロⅩは、走りに拘りを持つユーザーに是非とも乗って欲しい一台。

このクルマに乗れば、ミニバンでも走りが楽しいという世界があることを感じられるはずだ。

*********************************
(text:Yohei HASHIMOTO 橋本洋平)
取材協力:ホンダアクセス(TEL:0120-663521) www.honda.co.jp/ACCESS/

フリード Modulo X
SPECIFICATION
□全長×全幅×全高:4290×1695×1710mm□ホイールベース:2740mm□車両重量:1380kg(6名)1390kg(7名)□乗車定員:6名(2列めベンチシート仕様は7名)□パワートレイン形式:L15B型水冷直列4気筒DOHC□総排気量:1496cc□最高出力:131ps/6600r.p.m.□最大トルク:15.8kg-m/4600r.p.m.□サスペンション型式(F/R):マクファーソン式/車軸式□ブレーキ型式(F/R):ベンチレーテッドディスク/ディスク□タイヤサイズ(F&R):185/65R15□車両価格:283万680円(6名)〜285万2280円(7名)