Honda好きが堪能できる、Hondaスピリッツ溢れる情報誌
  1. TOP
  2. MEETING
  3. 【18SEMA】カーボン製パーツをフル装着した新型シビック・タイプR

【18SEMA】カーボン製パーツをフル装着した新型シビック・タイプR


カーボン製ボディパーツ・メーカーとして、多彩な製品ラインナップを誇る「SEIBON carbon」。アメリカに拠点を置くメーカーだが、その名前は日本のチューニング&カスタム業界でも広く知られているところ。そんなSEIBONは、新型シビック・タイプR(FK8)にも様々なカーボン製パーツを開発している。

ホイールを除き、黒く見える部分はほぼすべてカーボン製に置き換わっていると言ってもいい

展示されたシビック・タイプRのボディカラーはチャンピオンシップホワイトだが、その部分のほうが少なく思えるほどボディ各部をカーボン製素材に変更。ボンネットやフロントグリル、左右のフロントフェンダーをはじめ、前後左右のドア、テールゲート、サイドスカートなどの大物ボディパーツはすべて交換されている。

純正品と同等レベルの製品精度だけでなく、クリア塗装された表面の仕上がりも美しい

カーボン素材を使用したパーツの最大のメリットは、やはり軽量化だ。各製品の具体的な重量については明らかにされていないが、同社では純正品と比べてドライカーボン製は最大70%、ウェットカーボン製では最大50%の軽量化が可能と発表しており、その効果は絶大だ。

純正と同形状のカーボン製パーツに置き換えることで、フォルムを変えずに軽量化が可能

シビック・タイプRに装着された左右ドアやサイドスカート、テールゲート、リアスポイラーの中央部などは純正と同形状を採用しており、従来のスタイリングを崩すことなく軽量化を達成することができる。

テールゲートやリアスポイラー中央部のほか、ルーフもカーボン製に置き換えられている

純正形状のディフューザーから見えるマフラーは、日本のJ’S RACING製SUS Exhaust Plus Dual 70RSを装着

また細かいところでは、リアフェンダー上に備わるホイールアーチプロテクターやルーフ上のヴォルテックスジェネレーターなどもカーボン製とされている。

ホイールは18インチのRAYS製Volk Racing CE28 Club Racer Ⅱ Black Edition。タイヤサイズは245/40ZR18を組み合わせる

カーボン製ボディパーツを身にまとったシビック・タイプRは、外観上の変化は決して大きくないものの、独特の迫力を感じさせる。サスペンションはEIBACH製ローダウンスプリング、エンジンはHONDATA製Flash Proおよび吸排気系パーツを装着といったライトチューン仕様だが、ベース車両の1390kgという車両重量がかなり軽量化されていることは容易に想像できるだけに、そのパフォーマンスが大いに気になるところだ。

(photo&text:Kentaro SABASHI 佐橋健太郎)