Honda好きが堪能できる、Hondaスピリッツ溢れる情報誌
  1. TOP
  2. NEW CAR
  3. 【19TAS】女性による女性のための「エレガントカラー・コレクション」

【19TAS】女性による女性のための「エレガントカラー・コレクション」


2019東京オートサロンで、ホンダアクセスはブース全体を「家」に見立てた展示を展開。ガレージを思わせる油っぽい空間に展示されたのが「Modulo Neo Classic Racer(モデューロ・ネオクラシック・レーサー)」なら、女性オーナーを想定したかわいらしい部屋のような空間に展示されたのが「FIT Elegant Color Collection(フィット・エレガントカラー・コレクション)だ。

ルーフ後端に取り付けられているアンテナが口紅に変更されているのがキュート

2018年7月に追加された「フィット Modulo style」をベースに、専用のボディカラーや内外装を与えることで、大人の女性が似合うスタイリッシュなクルマを提案している。

高級感あふれるスタイリングを実現したFIT Modulo styleは、ハイブリッドと1.3リッターの2モデル展開

従来、「女性向けのクルマ」とされるモデルはカワイイ系が多く、そのカワイイを卒業した20代後半の女性が似合うクルマをコンセプトに、ターゲット層と同じ年代のメンバーが集結。自分たち世代がもっとも欲しくなるクルマってなんだろう?という点を考えるところから、開発はスタートしたという。

「女性にとってクルマは第2の自分の部屋」というテーマのもと、エクステリアでは高級感を感じさせるパールホワイトのボディをベースに、自立したビジネスパーソンを思わせるネイビーのルーフを採用。フロントグリル周辺にはゴールドを基調としたアクセントを配している。

ホイールは15インチの「MG-020」をベースに、ボディカラーと同様のパールホワイト&ネイビーにペイント。センターキャップにはエレガントコレクションのロゴが配されている。

いっぽうインテリアも外装と同様、ネイビーを基調として前後シート表皮やステアリング、助手席前方のダッシュパネルをアルカンターラで張り替え。シートのサイド部分やステッチはルージュやネイルをイメージしたピンクのカラーとされ、女性らしい美しさを象徴している。

そのほか車両本体だけでなく、スマートキーのカバーにもキレイさを求め、専用のキーカバーを提案。フロントグリルと同じくシャンパンゴールド・カラーが用意された。

展示ブース自体にも様々な装飾がなされており、壁面にはホンダアクセスが手がける女性&ファミリー向けコンテンツである「and Q.」の紹介もなされていた。

(photo&text:Kentaro SABASHI 佐橋健太郎)