Honda好きが堪能できる、Hondaスピリッツ溢れる情報誌
  1. TOP
  2. MOTORSPORTS
  3. 2019 Moduloプリティが鈴鹿に登場。64号車&34号車にご挨拶!

2019 Moduloプリティが鈴鹿に登場。64号車&34号車にご挨拶!


3月2日〜3日の両日、鈴鹿サーキットで開催された『モースポフェス 2019 SUZUKA』。国内外のモータースポーツで活躍するマシンやドライバーが一堂に集結したほか、国内トップカテゴリーであるSUPER GTそしてSUPER FORMULAの一部チームでは、2019年仕様カラーリングを初披露して走行するなど、見どころいっぱいのイベントとなった。

2018年シーズンのSUPER GT GT500クラスでRAYBRIG NSX-GTがシリーズチャンピオンを獲得したホンダ陣営だが、2019年はさらなる競争力アップを目指して5チーム中2チームでメンバーを変更。なかでも注目が集まるのは、ドライバー・ラインナップを2名とも一新したModulo Nakajima Racingだ。

2019 Moduloプリティを務める、日比ゆりちゃん(左)と蒼乃茜ちゃん(右)

そのModulo Nakajima Racingは、3月2日に2019年のマシンカラーリングを発表。そして今年、メインスポンサーを務めるホンダアクセス「Modulo」のレースクイーン、Moduloプリティの2名がピットを訪れた。

64号車Modulo EPSON NSX-GTをドライブする牧野任祐選手

ホンダアクセスが展開する「Modulo」は、2019年にSUPER GTのGT500クラスに「Modulo Nakajima Racing」、GT300クラスに「Modulo Drago CORSE」、さらにスーパー耐久のST-TCRクラスに「Modulo Racing with DOME」として参戦する。

Moduloプリティは、この3チームを応援するレースクィーン。この日に来場した日比ゆりちゃんと蒼乃茜ちゃんに加え、永原芽衣ちゃん、水瀬琴音ちゃんの4名がSUPET GT担当、そしてスーパー耐久を担当する山口ミカちゃんの計5人となる。

グリッドに並べられた34号車Modulo KENWOOD NSX GT3の横で

64号車Modulo EPSON NSX-GTと牧野任祐選手にご挨拶したあとは、34号車Modulo KENWOOD NSX GT3が並べられたグリッドを上へ。残念ながらまだ2019年仕様のカラーリングは完成していなかったが、新たにEvoパッケージが装着されアップデートされたマシンは見るからに速そう!

参戦2年目を迎えたModulo DRAGO CORSEは、すでにセパンでのテスト走行を終えており今シーズンに向けて確かな手応えを掴んでいる様子。道上 龍選手、大津弘樹選手の表情にも心なしか余裕が感じられた。なお、今年のレーシングスーツはマシンと同様、ブラックを基調としたデザイン。精悍な印象を感じさせる。

アットホームなチームカラーは今年も健在!? ふたりはさっそく自撮りするなど溶け込んでいた

なお2019 Moduloプリティの新コスチュームは、3月30日~31日に富士スピードウェイで行われるSUPER GT公式テストで披露される予定となっている。

(photo:Yoshiaki AOYAMA 青山義明、text:Kentaro SABASHI 佐橋健太郎)