Honda好きが堪能できる、Hondaスピリッツ溢れる情報誌
  1. TOP
  2. NEW CAR
  3. S660オーナーは必携!! ドレスアップ効果と気になる小キズを隠してくれる『ドアハンドルプロテクターセット』が登場

S660オーナーは必携!! ドレスアップ効果と気になる小キズを隠してくれる『ドアハンドルプロテクターセット』が登場

2022年3月末をもって、残念ながら生産を終了するホンダの軽オープン2シーター・S660。2015年3月に発売が開始されたこのモデルは、2021年3月までの約6年間で約3.2万台が販売されたという。すでに生産終了分までの台数はすべて完売しているが、おそらく累計で約3.5万台前後のS660が、世の中に登場したことになる。

そんなS660の特徴といえば、専用開発されたミッドシップ・レイアウトのシャシーがもたらす爽快な走りだ。アフターマーケットパーツにおいても、脚まわりやエンジン補機類といった運動性能をアップさせる様々なパーツが各社からリリースされている。

いっぽう内外装のモディファイも盛んで、前後バンパーやウイング、ハードトップといった大型製品のほか、細かなインテリアパーツについても様々な製品が市場で販売されており、オーナーの好みに合わせて様々なモディファイが楽しめる点も、S660の人気の理由といえる。

そして今回、S660オーナーの「泣きドコロ」といってもいい箇所をスタイリッシュに仕上げてくれるパーツが登場した。それが『S660 ドアハンドルプロテクターセット』である。

S660のドアハンドルは、スタイリッシュなボディデザインを強調するべく、指を横から差し込んで引っ張りあげる形状となっている。そのためドアハンドル自体が小型化されているが、いっぽうで指先のツメにより引っ掻きキズを付けやすいというウィークポイントがあった。

この『S660 ドアハンドルプロテクターセット』は、その指を差し込むポケット部分に装着する保護パーツだ。素材にはウェットカーボンを採用し、引っ掻きキズの防止だけでなくスタイリング面でも精悍な印象を強調してくれる。

素材はカーボンファイバーが用いられ、「VaRTM工法」にて製作される。このVaRTM工法とは、40mを超える風力発電ブレードや三菱スペースジェットの尾翼製造にも同種の工法が採用されており、オートクレイブ工法(ドライカーボン)に迫る強度を確保できることが特徴。これにより小型のポケット部分にジャストフィットする薄さを実現した。

さらに製品には、ドアハンドル表面に装着するハンドルカバーも同梱されている。いずれも製品裏面に両面テープが貼付されているため、車両への装着は非常に簡単。装着後は愛車の雰囲気をスポーティに演出してくれる。

S660の全年式・全モデルに装着が可能で、価格は2万8000円(1台分)となっている。

(text:Kentaro SABASHI 佐橋健太郎)