Honda好きが堪能できる、Hondaスピリッツ溢れる情報誌
  1. TOP
  2. MOTORSPORTS
  3. 【19TAS】GT300におけるNSX GT3の勢力拡大、Evoモデルでチャンピオン争いなるか

【19TAS】GT300におけるNSX GT3の勢力拡大、Evoモデルでチャンピオン争いなるか


2019年1月11日に開幕した「東京オートサロン2019」。近年、ホンダは国内モータースポーツの参戦体制発表会を行っているが、今年もSUPER GT(GT500クラス)そしてスーパーフォーミュラの体制発表が行われた。

昨季はSUPER GTのGT500とスーパーフォーミュラの二冠を達成したホンダは、2019年に『TEAM HONDA』としてひとつでも多くの勝利を目指すことを目標に抱げ、GT300クラスにも積極的な姿勢を見せた。

その大きな要因は、カスタマーレーシングカーであるNSX GT3が2019年モデルで「Evo」へと進化すること。外観はよりアグレッシブなフォルムとなるほか、タービンやABSといった細部に変更が加えられ、パワーと燃費が向上しているという。

18号車のTEAM UPGARAGEはマシンをNSX GT3にスイッチ。ドライバーは小林崇志選手/松浦孝亮選手の強力コンビだ

なんといっても注目は、18号車のTEAM UPGARAGE。昨季は開幕戦で優勝もはたした実力派チームだが、マシンを昨季の86MCからNSX GT3に変更。ドライバーにはGT500クラスに参戦していた松浦孝亮選手が加入し、小林崇志選手とコンビを組む。

小林選手と松浦選手は、ともにGT500で優勝した経験を持ち、GT300クラスへ参戦したキャリアも豊富。さらにマシンメンテナンスは童夢が担当するとのことで、2年連続の開幕戦ウィナーとなることも夢ではない。

34号車Modulo KENWOOD NSX GT3は体制変更なく、道上 龍選手/大津弘樹選手がコンビ2年目で参戦する

2018年シーズンからGT300クラスに参戦した34号車Modulo KENWOOD NSX GT3は、体制を継続し2年目のシーズンに挑む。チーム代表を兼任する道上選手によると、チームに大きな変化はないものの、タイヤエンジニアをはじめチームスタッフを充実させ、総合力を高めた。

昨季はヨコハマタイヤとのマッチングに悩んだこともあったというが、今季は開幕からNSX GT3のパフォーマンスを最大限発揮していくという。

最終戦で惜しくもチャンピオンを”撮り損ねた”55号車ARTAはマシンをスイッチ。ドライバーは高木真一選手/福住仁嶺選手

そしてAUTOBACKS RACING TEAM AGURIの55号車は、マシンをBMW M6からNSX GT3にスイッチ。ドライバーはショーン・ウォーキンショーの代わりに福住仁嶺選手が加入し、ベテランの高木真一選手とコンビを組む。

昨季はFIA F2とスーパーフォーミュラに参戦していた福住選手は、SUPER GTに初のフル参戦。そしてNSX GT3勢で唯一、ブリヂストン・タイヤを装着する。

なお各チームの参戦マシンについては、すでにNSX GT3と発表されており実車も各ブースに展示されたが、いずれも現行モデルであるNSX GT3だった。実際には進化版であるNSX GT3 Evoへのアップデートキットを組み込んでの参戦となる模様。

ジェントルマンドライバーの木村武史選手が、2012年チャンピオンの横溝直輝選手とのコンビで参戦したCARGUY Racing。その姿はまた見られるのか

そして昨季、777号車でGT300クラスに参戦したCARGUY Racing NSX GT3は、ブースに車両の展示はされたものの体制については発表なし。ただし『参戦継続に向けて検討中』とのことで、2019年のGT300クラスには、最大で4台のNSX GT3が走ることになる。NSX GT3同士によるチャンピオン争いや、GT500とのアベック戴冠にも期待したい。

(photo&text:Kentaro SABASHI 佐橋健太郎)