Honda好きが堪能できる、Hondaスピリッツ溢れる情報誌
  1. TOP
  2. MOVIE
  3. 【動画】アキュラが新コンセプト “Less Talk, More Drive” を発表。なつかしい歴代モデルもズラリと登場!

【動画】アキュラが新コンセプト “Less Talk, More Drive” を発表。なつかしい歴代モデルもズラリと登場!

ホンダが北米市場を中心に展開するラグジュアリー・ブランドのACURA(アキュラ)は、同ブランドの新しいキャッチコピーとして“Less Talk, More Drive”を発表。プロモーションムービーも公開された。

アキュラ・ブランドが北米市場(アメリカおよびカナダ)で展開を開始したのは、1986年のこと。当初はスポーティクーペのインテグラと、ラグジュアリーセダンのレジェンドという2車種であった。その後は1990年にNSXが発売され、またSUVもラインナップに加わって、2019年はILX、TLX、RLX、RDX、MDX、NSXの6車種をラインナップする。

DC2型インテグラ・タイプR。アキュラ・ブランドで展開された唯一のタイプRだが、日本仕様では前期型のみだった4灯ヘッドライトが特徴的

公開された30秒の映像では、まずDC2型インテグラ・タイプRが登場し、その後に初代と現行NSX、そしてアキュラ・ブランドの高い衝突安全性を示すような、ILXの開発風景が映し出される。

並んだ2世代のNSX。現行モデルは2020年式に新設定されたインディイエローパールだ

その後は一転してサーキットの走行シーン。2018年からIMSAウェザーテック・スポーツカー・チャンピオンシップの最高峰DPiクラスに参戦している「ARX-05」が登場。ドライバーはファンパブロ・モントーヤとエリオ・カストロネベスが務めている。

最後に姿を見せるのは、2019年夏のモンテレー・カーウィークで発表された「タイプSコンセプト」だ。これまでアキュラの各モデルに設定されてきたスポーツグレードのタイプSは、2008年のTLに設定されたのを最後に姿を消している。しかし次世代のアキュラ・ブランドは、このタイプSを復活させ、まずは近々発表予定の新型TLXに設定されるとのこと。

2020年モデルで追加設定されたインディイエロー・パールのNSXを先頭に、タイプSコンセプトの車体色であるブルーで統一されたアキュラの現行車種が街中を駆けるシーンで映像は締めくくられる。アキュラのブランドを語るのに言葉は不要、走ればわかるというメッセージを込めた本映像は、今後にリリースされる新型車に対する自信を感じさせるもの。

日本市場への展開は期待薄ではあるが、NSXやRLXなどバッジエンジアリングによりホンダ・ブランドとして販売されたり、多くの新技術は共有されるだろうだけに、今後のアキュラ・ブランドの動きにはぜひ注目したい。

(text:Kentaro SABASHI 佐橋健太郎)