Honda好きが堪能できる、Hondaスピリッツ溢れる情報誌
  1. TOP
  2. NEW CAR
  3. ホンダスタイル編集長の愛車に、ホンダアクセス『S2000 20th Anniversary』オーディオリッドを装着してみた。

ホンダスタイル編集長の愛車に、ホンダアクセス『S2000 20th Anniversary』オーディオリッドを装着してみた。

ホンダ車の純正アクセサリーを開発・販売しているホンダアクセスが、1999年に販売が開始されたオープンスポーツ「S2000」の発売20周年記念を記念して作り上げた『S2000 20th Anniversary』純正アクセサリー。2020年1月に開催された東京オートサロンにて、パーツ装着車両が一般公開され大反響となったのは記憶に新しいところです。

ホンダアクセス、『S2000 20th Anniversary』純正アクセサリーを発売開始!

この純正アクセサリーの開発にあたり、担当したホンダアクセスでは『20年目のマイナーモデルチェンジ』というコンセプトを掲げました。それは内外装のデザインやカラーを変更するためのオプションパーツではなく、2020年仕様のS2000へと進化を遂げるため、各々のパーツが相互に補完しあうというトータルコーディネートまで考えられています。

20周年記念パーツをフル装着したホンダアクセスの白いS2000(AP1)。奥に見えるブルーのAP2がホンダスタイル編集長・佐橋の愛車です

そんな『S2000 20th Anniversary』純正アクセサリーは、フロントエアロバンパーを筆頭に、内外装あわせて全8アイテムをラインナップ。外装では、新規に開発されたフロントエアロバンパーが目を引きますが、S2000の新車販売当時に設定されており、現在でもS2000オーナーのあいだで人気の高いトランクスポイラーやリアストレーキが復刻生産されることも注目です。

またスポーツサスペンションも新車当時に設定されていたパーツでしたが、こちらは現代のスポーツタイヤの性能に合わせてリセッティング。車高のローダウン量はベース車両から10mmダウンと変わらず、製品外観もModuloのテーマカラーであるホワイト×レッドと変化はありませんが、単なる復刻パーツでは終わらせないという「開発陣の拘り」を感じさせます。

これら『S2000 20th Anniversary』純正アクセサリーは、製品によって「期間限定受注生産」あるいは「販売個数限定」での販売となります。弊誌ホンダスタイル編集長・佐橋も愛車S2000に装着するべく、フロントエアロバンパー、フロアカーペットマット(黒)、ボディカバー、スポーツサスペンション、そしてオーディオリッドの5点をオーダーしました。

そんななか、まずはオーディオリッドがデリバリーされたので、購入した「HCMスポーツガレージ」さんでさっそく装着してみました。

『S2000 20th Anniversary』オーディオリッド(※現在は完売)。裏面の形状はベースモデルと変更なし

2000個限定で販売された「オーディオリッド」は、あっという間に販売予定台数に達してしまったという人気製品。形状としてはAP1-130(8800円)以降に採用された、左右に計10個の半球状の窪みが設けられたタイプで、カラーは落ち着いたブラック。S2000のロゴが記されるのはベース車両と変わりありませんが、S2000 20th Anniversaryの文字と記念イラストも記されています。

このオーディオリッド、初期型S2000(AP1-100〜)ではブラック一色のタイプだったこともあり、後期モデル用への交換はS2000オーナーにとってはポピュラーなカスタム。インターネットでもDIYでの交換装着例が多くアップされています。作業内容としてはベースモデルのリッドを取り外して交換するだけなのですが、リッド部分を外すには、まず周囲のパネルごと車体から取り外す必要があります。

パネルごと取り外したら、パネルからオーディオリッドを取り外します。左右ふたつのピンで止まっているので、先の細い精密ドライバーなどを使用してピンを外していきます。この際、スプリングが飛んで行きやすいので注意が必要です。

パネルからリッドを取り外すとこんな感じ。左のバネが飛んで行きやすいので注意

無事にリッドが取り外せたら、今度は反対の手順で『S2000 20th Anniversary』のオーディオリッドを装着していけばOK。撮影をしながらでも、約30分ほどで作業は終了しました。

交換装着後の佇まいはご覧のとおり。周囲のパネルやインパネがブラック基調ということもあり、非常にマッチングの良さを感じさせてくれます。ひとつ問題なのは、このあとHCMスポーツガレージのある鈴鹿から関東まで自走で帰ってきたのですが、新しいオーディオリッドがカッコ良すぎてついつい視線がそちらに向いてしまうことですね!

『S2000 20th Anniversary』純正アクセサリー(価格はすべて税込)

■期間限定受注生産商品(〜2021年2月19日までの受注生産)
・フロントエアロバンパー(未塗装/プライマー処理済み):9万6800円
・トランクスポイラー ダックテールタイプ(未塗装/プライマー処理済み):4万6200円
・リアストレーキ(未塗装/プライマー処理済み):3万3000円
・フロアカーペットマット
 ブラック(クロスメンバーカバー付):3万800円
 レッド(クロスメンバーカバー付):3万800円
・フットライト LEDホワイトイルミネーション:1万3200円
 運転席/助手席セット(ドア開閉・スモールランプ連動)
・ボディーカバーハーフタイプ:1万8700円

■販売個数限定商品(受注が販売個数に達した時点で完売)
・スポーツサスペンション【500セット限定販売】 完売済
・オーディオリッド【2000個限定】 完売済

こちらは以前のオーディオリッド。AP2-100型は明るいシルバーのカラーだった

今後はスポーツサスペンションやフロントエアロバンパー、フロアマットなどを順次装着していき、自分なりの「2020年仕様へのマイナーチェンジ」を楽しみたいと思っています。あとは地図情報などが古くなって使い物にならなくなっている、純正ナビの処遇もどうにか考えないといけませんね…💦

(text:Kentaro SABASHI 佐橋健太郎)

『S2000 20th Anniversary』紹介サイト
https://www.honda.co.jp/ACCESS/s2000-20th/