Honda好きが堪能できる、Hondaスピリッツ溢れる情報誌
  1. TOP
  2. NEW CAR
  3. 2020年モデルのシビック・タイプR(日本仕様)の生産が再開。日本国内への発売時期は10月を予定!

2020年モデルのシビック・タイプR(日本仕様)の生産が再開。日本国内への発売時期は10月を予定!

2020年1月に開催された、東京オートサロンで実車がお披露目された「シビック・タイプR 2020年モデル」。

『世界最速FF』をコンセプトに掲げて開発された現行シビック・タイプRは、その圧倒的な運動性能がストリートやワインディングで大きな支持を集めているいっぽう、日本国内のサーキットで連続周回を行うと水温や油温が上昇したり、また加熱されたブレーキローターにジャダーが発生してしまうといった問題が指摘されていた。

そこで2020年モデルでは、熱問題への対策としてグリル形状を変更したほか、バンパー左右のフォグランプ周辺のデザインを変更して開口部を拡大。さらにフロントブレーキローターを2ピースタイプとするなどの改良が行われた。

そのほかステアリングの一部やシフトブーツ素材にアルカンターラを使用することで高級感をアップ。またシフトノブ形状も変更されるなど、外観上の変化は少ないものの「実のある」マイナーチェンジとなっている。

鈴鹿サーキットを走る2020年モデル。180km/hリミッターの無い海外仕様で、見事に市販量産FF車の最速タイムを記録した

多くのホンダ・ファンからの注目を集めていた2020年モデルのシビック・タイプRだったが、本年春以降、新型コロナウイルス感染症は世界レベルで拡大。シビック・タイプRの生産を行っている英国スウィンドン工場の生産活動へも影響がおよび、日本仕様の発売は延期されていた。

しかし今夏、ようやく生産拠点であるスウィンドン工場の活動も本格的に再開され、2020年モデルのシビック・タイプR(日本仕様)の発売時期が2020年10月予定とアナウンスされた。今後の詳しい販売スケジュールなどは、下記の専用サイトで随時アップされるとのこと。

2020年モデル シビック・タイプR 専用サイト
https://www.honda.co.jp/CIVICTYPE-R/new/

日本国内200台限定で販売されるLimited Edition。BBS製20インチホイールなどを装備する

また2020年モデルに設定されるシビック・タイプR Limited Edition(リミテッド・エディション)に関する情報についても、上記のサイト内で情報公開されていくとのこと。日本国内200台限定販売となるリミテッド・エディションは、事前の注目度が高く即完売が予想されるだけに、車両価格や販売方法などに注目が集まる。

(text:Kentaro SABASHI 佐橋健太郎)