Honda好きが堪能できる、Hondaスピリッツ溢れる情報誌
  1. TOP
  2. 未分類
  3. 【EDIFICE】ホンダレーシングやタイプRの象徴「赤バッジ」を腕に纏え! カシオ・エディフィスの最新モデルが登場

【EDIFICE】ホンダレーシングやタイプRの象徴「赤バッジ」を腕に纏え! カシオ・エディフィスの最新モデルが登場

カシオ計算機は、「Speed and Intelligence」をコンセプトとした腕時計『EDIFICE(エディフィス)』シリーズの新製品として、タイプRシリーズやHonda Racing(ホンダ・レーシング)の象徴である「赤バッジ」と同じ塗料を文字板パーツに採用したコラボレーションウオッチ『EQB-2000HR-1AJR』を、2022年9月30日に発売する。

「Honda Racing」は、ホンダが世界で展開するモータースポーツ活動の総称。Honda Racingと『EDIFICE』は、ともに高度な技術を駆使した日本発のブランドとして世界へ挑み続ける姿勢が相通じることから、2018年よりコラボレーションを行い、これまでにも数々の魅力的なリストウォッチを発表してきた。

今回、新発売となる『EQB-2000HR-1AJR』は、フォーミュラカーのサスペンションから着想を得たケースデザインの「EQB-2000」をベースに、ホンダで受け継がれてきた「赤バッジ」の精悍なレッドカラーをまとった高機能モデル。

市販車では、歴代タイプRの専用アイテムとなっている「赤バッジ」のルーツは、1964年に日本の自動車メーカーとして初めてF1世界選手権に参戦した「RA271」にある。当時の車体色は、ホンダのレーシングスピリットを象徴するボディカラー・チャンピオンシップホワイトとして赤バッジとともに受け継がれ、世界中に多くのファンを集めている。

EQB-2000HR-1AJRでは、この赤バッジに用いられる塗料を文字板中央のX型パーツの塗装色として用い、象徴的なアイコンとすることで精悍さと力強さを兼ね備えたデザインを実現した。

文字板の3時位置には、今年刷新された「Honda Racing」の「HRC」ロゴをレイアウトしたほか、裏蓋には1962年に建設された鈴鹿サーキットの開場60周年の記念ロゴを刻印している。

バンドには、新型シビック・タイプRの内装にも使われ、耐久性・通気性に優れ肌触りが良い人工皮革のアルカンターラ素材を採用。レースに情熱を注ぎ続けるホンダの世界観を表現したモデルに仕上げている。 

機能面では、太陽や蛍光灯の光で駆動するタフソーラーとBluetooth®によるモバイルリンク機能を搭載。専用アプリ「CASIO WATCHES」と接続することで、自動での時刻修正や、ワールドタイムの時刻を簡単かつ直感的に設定することができる。

また、時計で計測したストップウオッチのデータはアプリへ転送・表示できるなど、モータースポーツの現場でも活躍が期待される、まさにレーシングスピリットが具現化された高機能リストウォッチだ。 この「EQB-2000HR-1AJR」の価格は7万7000円。2022年9月1日より各販売店にて予約が可能となっている。

(text:Kentaro SABASHI 佐橋健太郎)

カシオ計算機(TEL:03-5334-4869)
https://www.casio.com/jp/watches/edifice/