Honda好きが堪能できる、Hondaスピリッツ溢れる情報誌
  1. TOP
  2. BIKE
  3. 【DCTのみ】大型スポーツツアラー「NT1100」の2023年モデルが登場。カラーバリエーションを一部変更して新発売

【DCTのみ】大型スポーツツアラー「NT1100」の2023年モデルが登場。カラーバリエーションを一部変更して新発売

ホンダは、「快適性」と「多用途性」を高次元でバランスさせることで、日常の扱いやすさと長距離走行の快適さを両立した大型スポーツツアラー「NT1100」のカラーバリエーションを変更し、2023年3月23日(木)にHonda Dreamより発売する。

カラーバリエーションに「ガンメタルブラックメタリック」を新設定

NT1100(ガンメタルブラックメタリック)従来色のパールグレアホワイトと入れ替わりで設定される

NT1100は、低回転域から力強いトルクと高回転域までスムーズに回る特性が特徴の、直列2気筒エンジンを搭載するアドベンチャーモデル。1082ccの排気量を持つこのエンジンは、CRF1100LアフリカツインやREBEL1100、HAWK1100に搭載されるものと基本設計は同じだが、各モデルの特徴に合わせて細かな仕様変更がなされている。

ロングツアラーという特徴を持つNT1100は、トランスミッションに変速操作を自動化する「電子式6速DCT(デュアル・クラッチ・トランスミッション)」のみを設定。走行状況に応じた出力特性のモードを選択可能としたライディングモードや、巡航時に便利なクルーズコントロールなど、各種装備を充実させている。

NT1100(マットイリジウムグレーメタリック)

アップライトなライディングポジションや、十分なストローク量を確保したサスペンション、手動で5段階に高さ調整可能な大型のウィンドスクリーンや、防風性に配慮した形状のフェアリングなどを標準装備。高速ツーリングにおける快適で上質なクルージングを実現しており、ベテランライダーを中心に高い支持を集めている。

今回の2023年モデルでは、ボディカラーに「ガンメタルブラックメタリック」を新設定。大型スポーツツアラーに相応しい重厚感を感じさせる色合いで、従来から継続となる「マットイリジウムグレーメタリック」とあわせ、全2色のラインナップとなる。そのほか、マフラーの外観が高級感を感じさせるヘアライン仕上げへと変更されている。車両価格は変わらず、168万3000円(税込)となっている。

NT1100
SPECIFICATION
□全長×全幅×全高: 2240×865×1360mm
□軸距: 1535mm
□最低地上高: 173mm
□シート高: 820mm
□車両重量: 248kg
□乗車定員: 2人
□燃料消費率(WMTCモード): 19.3km/L
□エンジン型式・種類: SC84E・水冷4ストローク直列2気筒OHC(ユニカム)4バルブ
□総排気量: 1082cc
□内径×行程: 92.0×81.4mm
□圧縮比: 10.1
□最高出力: 102PS/7500rpm
□最大トルク: 10.6kg-m/6250rpm
□燃料供給装置形式: 電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)
□燃料タンク容量: 20リットル
□変速機形式: 電子式6段変速(DCT)
□タイヤ(F/R): 120/70ZR17M/C(58W)/180/55ZR17M/C(73W)
□ブレーキ形式(F/R): 油圧式ダブルディスク/油圧式ディスク
□懸架方式(F/R): テレスコピック式(倒立サス)/スイングアーム式(プロリンク)
□車両価格: 168万3000円(税込)

(text:Honda Style web)