Honda好きが堪能できる、Hondaスピリッツ溢れる情報誌
  1. TOP
  2. IMPRESSION
  3. 【STEPWGN Modulo X #1】走り好きのパパも大満足!

【STEPWGN Modulo X #1】走り好きのパパも大満足!


家族ができて子供が生まれてとなれば、必然的にミニバンに行き着くのが世の常という昨今。その方程式に僕も見事にハマり、子供が生まれた2年ほど前からミニバンに乗るようになった。スポーツカーしか目に入らなかった人間からすれば、これも年貢の納め時というヤツか? ミニバンは走り屋にとって墓場である。

…なんて、そんなマイナスな気持ちを少しでも納めようと、最初に購入したミニバンはローダウンしたりインチアップされたホイールに交換したりとカスタムを楽しんだ。外観はカッコよくなったけれど、代わりに優しい乗り心地は失われた。とはいえ走りだって、そこまでしてもミニバンには変わりはなく、決して心が晴れやかになるようなことはなかった。あくまで見た目の変化だけという寂しい現実が突き付けられた。

けれども、ステップワゴン・モデューロXは違う。スッキリとしたエアロパーツは、”実効空力”を求めて前後のリフトバランスを適正化。実はアンダーカバーもModulo X専用に造り直している。15ミリローダウン化された脚まわりは、見た目の安定感だけでなく、ロールスピードのコントロールも絶妙で、グラリと動くこともなくワインディングを駆け抜けることを許してくれる。無駄にタイヤが鳴くこともなく、さらにはステアリング操舵角も少なくコーナーをクリアする姿は、ミニバンであることを忘れさせてくれるほど。これなら走り屋上がりの腕自慢オトーサンだって納得してくれるに違いない。

見た目と走りを展開しながらも、乗り心地は決して損なっていない。路面からの入力を瞬間的に納め、フラットに走るだけあって、2列目でも3列目でも身体が揺らされることはない。これならロングドライブだって疲れ知らずだし、家族から文句が出るようなこともないだろう。

 

ミニバン=走り屋の墓場という方程式(!?)を見事に打ち破ったステップワゴン・モデューロXは、走り好きのオトーサンに是非とも乗ってもらいたい一台だ。

ステップワゴン・モデューロXの詳細はこちらから!

(PHOTO:Akio HIRANO 平野 陽 TEXT:Yohei HASHIMOTO 橋本洋平)