Honda好きが堪能できる、Hondaスピリッツ溢れる情報誌
  1. TOP
  2. NEW CAR
  3. ステップワゴンModulo Xに待望のハイブリッドが登場!

ステップワゴンModulo Xに待望のハイブリッドが登場!


ホンダは、専用のカスタマイズパーツを量産過程で装着し販売するコンプリートカーブランド「Modulo X」シリーズの「ステップワゴン Modulo X」をマイナーチェンジ。新たにハイブリッドモデルも追加設定し、発売を開始した。

ステップワゴン Modulo Xは、専用のサスペンションやホイール、「実効空力」を掲げるModuloのコンセプトに基づいて開発された専用エクステリアなどを備え、スポーティかつ上質さを兼ね備えた走りが多くの支持を集めている。今回のマイナーチェンジでは、従来のガソリンエンジン車に加え、新たに待望のハイブリッドモデルにもModulo Xが設定された。

ステップワゴン・ハイブリッドModulo XはフェンダーにHYBRIDのエンブレムが備わる

新型ステップワゴンModulo Xは、ガソリンモデルが「SPADA・Honda SENSING」、ハイブリッドモデルは「SPADA HYBRID G・EX Honda SENSING」をベースとし、外観は「Dynamic&Sporty」をデザインコンセプトに一新。

専用フロントグリルや専用エアロバンパー、ライト周りのデザインを変更したほか、リア周りは、従来同様に専用テールゲートスポイラーや専用エンブレムを備える。またリアコーナーガーニッシュを新たにボディ同色化することで、スポーティさを際立たせている。

インテリアでは、ブラックとシルバーを基調としながら、専用の本革巻ステアリングホイールや専用インテリアパネル・ミドルパッドを採用。スポーティさと上質感を両立させた。

ステップワゴン・ハイブリッドModulo Xのインテリア。専用インパネミドルパッドはピアノブラック調でシルバーモールディングを組み合わせる

ステップワゴン・ハイブリッドModulo Xのパワートレーンは、ベースモデルと同じ2リッターDOHC i-VTEC+i-MMDを搭載。駆動方式はFFのみとなる。車両価格は399万6000円。そして10インチの大画面プレミアム インターナビ装着車も設定されており、こちらは36万720円高となる。

走りの面では、ミニバンに最適な剛性を追求した専用アルミホイールと専用サスペンションを採用。また空力特性を考慮したエアロバンパーを装着して実走テストを繰り返し、セッティングを熟成している。ミニバン特有の外乱に対応し、乗り心地や高速走行時の直進性を追求することで、同乗者にも快適な質の高い移動空間を目指したという。

1.5リッター・ターボを搭載するガソリンエンジン車は、従来からの継続販売となるが、こちらは外観のデザインを一変。新設定されたハイブリッドModulo Xとの違いはエンブレムの有無くらいだが、ハイブリッドModulo Xが16インチタイヤを装着するのに対し、こちらは17インチを採用し走りのイメージを高めている。

ステップワゴンModulo X。ハイブリッドとの外観の違いはほとんどないが、17インチタイヤを標準装着する

ガソリンエンジンを搭載するステップワゴンModulo Xの車両価格は351万円。ハイブリッドとの価格差は約50万円で、税金や維持費を考えると選択は悩ましいところ。なお両車とも使用ガソリンはレギュラーとなる。

そのほかステップワゴンModulo XとハイブリッドModulo Xの違いは、乗車定員の違いがある。いずれも3列シート車であることは同じだが、ハイブリッドModulo Xは2列目シートがキャプテンタイプの7名乗員仕様のみとなるのに対し、ガソリンエンジンのステップワゴンModulo Xは7名乗員仕様のほか、2列めシートがベンチタイプの8名乗員仕様もラインナップする(車両価格は353万1600円)。

ガソリンエンジン車のステップワゴンModulo Xはダーククリア塗装の専用17インチホイールを装着する

ボディカラーは共通で、プラチナホワイト・パール/プレミアムスパークルブラック・パール/オブシダンブルー・パールの3色。インテリアカラーはブラック×シルバーのみとなる。

(text:Kentaro SABASHI 佐橋健太郎)