Honda好きが堪能できる、Hondaスピリッツ溢れる情報誌
  1. TOP
  2. BIKE
  3. 「憧れのサンマル」を今後も乗り続けるために。VFR750R[RC30]リフレッシュプランがついに始動!

「憧れのサンマル」を今後も乗り続けるために。VFR750R[RC30]リフレッシュプランがついに始動!

ホンダのオートバイ史を語るうえで、欠かせない1台に挙げられるのが1987年に限定発売された「VFR750R[RC30]」だ。型式名のRC30(サンマル)で呼ばれることの多いこのモデルは、VFRの車名が示すように水冷V型4気筒を搭載したシリーズでありながら、前身であるVFR750Fとはまったく異なり、最初からモータースポーツで使用することを前提に開発されたモデル。

当時のワークスマシンであるRVF750を徹底的に研究して作られたというRC30は、アルミ製ツインチューブフレームに片持ち式スイングアーム(プロアーム)を組み合わせ、デュアルヘッドライトを備えるカウルを装着。エンジンも70.0×48.6mmという超ショートストローク仕様でチタン製コンロッドを採用するなど、まさにレーシングバイクそのものと言える1台だった。

VFR750R[RC30]は、国内限定1000台/車両価格148万円で発売されたが、瞬く間に完売。レースベース車としての役目は後継モデルとなるRVFや、VTR1000SP1/2そしてCBR1000RRへと受け継がれていっても、やはり初代モデル「サンマル」のインパクトは大きく、発売から30年以上が経過した現在でも高い人気を誇っている。

そんなVFR750R[RC30]をいつまでもベストなコンディションに維持するためのプログラム、「リフレッシュプラン」が2020年6月より開始される。

リフレッシュプランといえば、4輪車のNSXで行われている内容を連想するが、VFR750R[RC30]に関しても内容はほぼ同様。大きく分けると純正部品の再生産と、リフレッシュプランの整備メニューを行う整備工場の新設となる。

リフレッシュプランの整備メニューや、再生産する純正部品の検討には、VFR750R[RC30]を開発した当時のメンバーや、実際にRC30を所有するオーナーである開発メンバーが中心となって進めてきたという。また再生産する純正部品は、30余年の経過で劣化が見込まれる部品や定期交換部品などに加え、オーナーや販売店からのご要望を踏まえて必要な部品を厳選し、製造の検討を行っているとのこと。

そして嬉しいことに、整備のために再生産する純正部品は、リフレッシュプランだけではなく一般ユーザーへの販売も予定してされているそう。またリフレッシュプランの施工に関しては、新たに設立される「モーターサイクルリフレッシュセンター」にてユーザー車両を預かり、熟練の整備士が作業を行う予定となっている。

リフレッシュプランメニュー・再販売部品リスト・価格・申し込みから納車までの流れなどのプログラム詳細は、準備が整いしだい特設サイトにて公開されるとのこと。

RC30 Foreverと記されたこの特設サイトでは、VFR750R[RC30]の当時のカタログをダウンロードすることもできる。

ホンダVFR750R[RC30]リフレッシュプラン紹介サイト
https://www.honda.co.jp/motorcycle-refresh-plan/

(text:Kentaro SABASHI 佐橋健太郎)