Honda好きが堪能できる、Hondaスピリッツ溢れる情報誌
  1. TOP
  2. BIKE
  3. 【X-ADV】大型AT限定免許で乗れる人気のクロスオーバーモデル、「X-ADV」がボディカラーを一新して今夏発売

【X-ADV】大型AT限定免許で乗れる人気のクロスオーバーモデル、「X-ADV」がボディカラーを一新して今夏発売

ホンダは、大型クロスオーバーモデル「X-ADV」のカラーバリエーションを変更し、2022年7月28日より発売を開始する。

X-ADVは、力強いトルク特性と優れた燃費性能を両立させた745ccの直列2気筒エンジンを搭載したアドベンチャーモデル。2017年に初代モデルが登場し、現行モデルは2021年にフルモデルチェンジを受けて登場した2世代目だ。

カラーリングのラインナップを一新したX-ADV。写真は新色のマットバリスティックブラックメタリック

トランスミッションはデュアル・クラッチ・トランスミッション(DCT)のみの設定となっており、クラッチレバーおよびシフトペダルによる変速操作が不要であるため、大型AT限定免許で力強いスポーティな走りが楽しめるとして、幅広いユーザー層から人気を集めている。

そんなX-ADVに、新たなカラーリングとして、鮮烈な色合いで存在感を放つ「グランプリレッド」と、力強く精悍な印象の「マットバリスティックブラックメタリック」が採用された。従来から継続となる、都会的で落ち着いた「パールディープマッドグレー」と合わせて全3色の展開となる。

タフなイメージを感じさせる個性的なスタイリングや、機関系における変更点はない。X-ADVの持つ魅力をさらに引き立たせる内容となっている。

車両価格は従来モデルから変わらず、132万円(税込)のままとなる。

(text:Kentaro SABASHI 佐橋健太郎)

X-ADV
SPECIFICATION
□全長×全幅×全高: 2200×940×1340mm
□軸距: 1580mm
□最低地上高: 135mm
□シート高: 790mm
□車両重量: 236kg
□乗車定員: 2人
□エンジン型式: RH10E型 水冷直列2気筒OHC
□総排気量: 745cc
□内径×行程: 77.0×80.0mm
□圧縮比: 10.7
□最高出力: 58PS/6750rpm
□最大トルク: 7.0kg-m/4750rpm
□燃料消費率(WMTCモード): 42.5km/L
□燃料供給装置形式: 電子式<電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)
□燃料タンク容量: 13リットル
□変速機形式: 電子式6段変速(DCT)
□タイヤ(F/R): 120/70R17M/C(58H)/ 160/60R15M/C(67H)
□ブレーキ形式(F/R): 油圧式ダブルディスク/油圧式ディスク
□懸架方式(F/R): テレスコピック式(倒立サス)/スイングアーム式(プロリンク)
□メーカー希望小売価格: 132万円(税込)