Honda好きが堪能できる、Hondaスピリッツ溢れる情報誌
  1. TOP
  2. MOTORSPORTS
  3. 佐藤琢磨選手が内閣総理大臣顕彰を受賞!

佐藤琢磨選手が内閣総理大臣顕彰を受賞!


2017年シーズン、北米インディカー・シリーズにおいて目覚ましい活躍を続けている佐藤琢磨選手。なかでも今年5月に行われた第101回インディ500では、日本人として初めて優勝を飾ったことは、アメリカはもちろん日本でも大きく報道されました。

その歴史的な勝利を讃え、佐藤琢磨選手に内閣総理大臣顕彰が贈られることとなり、その顕彰式が2017年8月4日、首相官邸にて行われました。内閣総理大臣顕彰式に臨んだ佐藤琢磨選手は、ブルーの新型NSXをドライブして首相官邸入り。顕彰式では、安倍晋三内閣総理大臣より顕彰状が読み上げられ、琢磨選手が拝受しました。そして琢磨選手からは御礼の品として、インディ500ウィナーに対してインディアナポリス・モータースピードウェイ(IMS)が授与している、インディ500優勝記念置物が贈られました。

<佐藤琢磨選手のコメント>
改めて、内閣総理大臣顕彰という名誉ある賞を頂くことができ、多くの方々に心より感謝を申し上げます。顕彰式ではレースとは違った緊張感がありましたが、安倍内閣総理大臣から顕彰状を受け取ったときは、非常に感動いたしました。『この賞が日本のモータースポーツの盛り上げの良いきっかけになることを期待しています』ともおっしゃって頂きました。これからも、さらなる高みを目指して邁進していきたいと思います。

佐藤琢磨選手から安倍晋三内閣総理大臣に贈られたのは、1909年にインディアナポリス・モータースピードウェイ(IMS)が建設された時に使われていたオリジナル・レンガを使って創られた記念置物。インディ500が開催されるIMSのオーバルコースは、開設時のコース路面がレンガ敷きであったため「ブリックヤード(レンガの庭)」と呼ばれています。

しかし現在はほぼ全面がアスファルト路面となっており、そのレンガはスタート&フィニッシュ・ラインに9列約1ヤード幅のレンガ敷き「ヤード・オブ・ブリックス」が残されているのみ。このヤード・オブ・ブリックスは、インディ500ウィナーがチームスタッフとともにキスをするセレモニーを行うことでも知られています。

IMSはこの貴重なオリジナル・レンガを一部保管し、インディ500ウィナーや功績のあった人々に記念置物として贈呈しているそうです。

(PHOTO:TSエンタープライズ)