Honda好きが堪能できる、Hondaスピリッツ溢れる情報誌
  1. TOP
  2. IMPRESSION
  3. 【女子旅7-10】鈴鹿サーキットの夏はプールで決まり!(2)

【女子旅7-10】鈴鹿サーキットの夏はプールで決まり!(2)

鈴鹿サーキットホテルの夏季限定アトラクション、『アクア・アドベンチャー』を満喫している安藤麻貴ちゃん&葉月リナちゃん。噴水火山を中心とした「アドベンチャープール」で楽しんだあとは、アドベンチャーウェーブへと向かいます。

アドベンチャーウェーブは、「波のプール」と「アスレチック」を組み合わせたプールエリア。プール中央に存在する潜水調査艇「うみもぐら」には、水遊びのしかけがいっぱい。そして高台にあるシグナルキャノンは、この潜水調査艇に出航の合図を送るためのもの。合図とともにロープを引くと、勢いよく水が噴射されます。

「ゆらゆら桟橋」そして「ぷかぷかボックス」は、水上の不安定な足元の場所を、ロープをつかって渡り切れるか?というもの。これが意外にむずかしい! さっそくふたりもチャレンジ!

ゆらゆら桟橋を(なんとか)クリアしたら、ぷかぷかボックスに向かいます。難易度はさらにアップ!


リナちゃんは華麗にジャンプしてクリア! 麻貴ちゃんも無事にクリアしました!

さらに、この奥には2人で協力して楽しむこともできる「アドベンチャースライダー」があるのですが、とっても人気のアトラクションで長蛇の列。残念ながら今回はパスしました。2019年のお楽しみですね!

と、アドベンチャーウェーブで楽しんだ「まきリナ」のふたりは、次回いよいよ流れるプールの「アドベンチャーリバー」に向かいます! 残念ながら今年の営業は終了してしまった「アクア・アドベンチャー」ですが、ほかにも水着のまま乗れるアトラクションが28種類もあるし、その際は無料のレンタルTシャツも用意されているなど、楽しみかたはいっぱい。ぜひ2019年のオープン情報をお待ちくださいね!


鈴鹿サーキット”みんなの冒険プール”
アクアアドベンチャー
www.suzukacircuit.jp/aqua_s/
住所:三重県鈴鹿市稲生町7992
電話:059-378-1111

☆ふたりの公式Twitterはこちら!
安藤麻貴 @hello_makitty_3
葉月リナ @hazuki_rina

☆安藤麻貴ちゃん&葉月リナちゃんの「Modulo女子旅」は、現在発売中のホンダスタイル91号でも掲載中! こちらもぜひご覧くださいね!

*********************************
PHOTO&TEXT:Yoshiaki AOYAMA(青山義明)、Kentaro SABASHI(佐橋健太郎)
取材協力:ホンダアクセス(TEL:0120-663521) www.honda.co.jp/ACCESS/


S660 Modulo X www.honda.co.jp/S660/modulox
SPECIFICATION
□全長×全幅×全高:3395×1475×1180mm□ホイールベース:2285mm□車両重量:830kg□乗車定員:2名□エンジン形式:S07A型水冷直列3気筒DOHCターボ□総排気量:658cc□最高出力:64ps/6000r.p.m.□最大トルク:10.6kg-m/2600r.p.m.□サスペンション型式(F/R):マクファーソン式/トーションバー式□ブレーキ型式(F&R):油圧式ディスク□タイヤサイズ(F/R):165/55R15/195/45R16□車両価格:285万120円